top of page
検索

今なぜ「推し活」なのか 「推し活」文化 ①

更新日:2023年12月18日

【内容】

  1. 成熟社会でのモチベーション

  2. 広義の応援消費への注目

  3. 自分以外への投資

1.成熟社会でのモチベーション

成熟ニッポンは、「失われた30年」と揶揄され、GDPは560兆円辺りを推移し、デフレが続き、給料も上がらない状況です。

高度成長期のように「3種の神器」やマイホームを買うために、モーレツに働いたり、バブル期のように夜中まで豪遊したりする元気もなくなっています。

今は、消費が一巡し、日々の暮らしで必要なものは揃ってしまい、特に必要な物も見つかりません。 

バブル経済の頃の熱狂は無くなりましたが、極端に貧しくなったという実感も無く、諦めも含めて「こんなものかな?」という空気感が漂っているのではないでしょうか?

これまで比較的人気だった海外旅行も、コロナ禍による行動変容もあり「わざわざ出かけるのも面倒」という気分で、戻りが鈍いようです。

そこそこの機能・スペックの商品・サービスが、手頃な値段で手に入るようになり、「日常がコモディティ化」したのが、成熟した日本社会です。

企業側は、そんな成熟社会の生活者に「消費のモチベーション」を持たせるために、あの手この手を工夫します。

「モノ」から「コト」へ、そして「トキ」、「イミ」へと、消費・マーケティングのキーワードが転換していきます。

2.「推し活」消費の台頭

「イミ」消費の一種で、「応援」や「推し活」と言われる消費が注目を集めています。

コロナ禍で、客足の途絶えた「飲食店」や、食材を供給する「農家」や「漁師」などを、支える意味を込めて購入したり、或いはアイドルグループの中で、自分の「推し」の娘の人気を支えるための購買などが、これに当たります。

「推し」とは、単に好きなだけではなく、人に勧めたいくらい気に入っている「モノ」「ヒト」の対象のことで、「推し」をする人がオタクです。

「推し活」の領域は、アイドル、アニメ、漫画、ゲーム、鉄道、歴史、メニュー 仏像など多岐に亘ります。

矢野経済研究所の調査では、アイドル市場に参加する推定人数は、361万人(2022年)で、一人当たりの年間消費額は93,700円に上るとされています。

アニメなどを含む、全26分野平均の年間消費額は、52,419円になっています。

またZ世代を対象にした別の調査では、「推し活」を「している」或いは「してみたい」人が6割に上っています。

「推し活」は、ニッチではなく、消費行動のメインストリームになりつつあるのです。

3.自分以外への投資

ここではオタクによる「推し活」や意識高い系の「応援消費」を合わせて「推し活」として検討します。

いずれも「他人を支援するための消費・活動を通じて、満足感を得る」という「イミ」消費です。

「自分以外への投資」とも言えます、長崎の「しっぽく」料理は、朱塗の大皿に数人分の料理を盛り付ける、豪華な「もてなし」料理です。

料理研究家が、自分一人のお腹を満たすためだけであれば、「美味しければ良い」のですが、大勢の他人をもてなすからこそ、彩りや盛り付けなど様々な工夫を施し、「文化として洗練していく」のだと言います。

自分のためだけではなく、他人を支えるため、自分以外への投資だからこそ、工夫を凝らして洗練させていくというのは、成熟文化の一面ではないでしょうか?

このように今シリーズでは、成熟社会を牽引する消費文化として「推し活」文化を取り上げます。

最新記事

すべて表示

研究会での知見 健康経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 1.既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地

「健康」を取り巻く環境 健康経営ビル ②

【内容】 健康日本21の試み 健康に関するデータ・エビデンスの提供 「健康経営」と言う知恵 1.健康日本21の試み 健康づくりに関する国の動きは、まず厚労省から始まりました。 2000年に入り、厚労省が、「21世紀における国民健康づくり運動(通称:健康日本21)」を策定しました。 これは、急速な高齢化の進行と、痴呆や寝たきりになる人たちの増加を予想して、「介護保険制度」のスタートに合わせて作られた

Comments


bottom of page