検索

REビジネス部会

先日「REビジネス部会」においてオフィス家具の中古市場に関する可能性をディスカッションしました。

オフィス市場はポスト2020以降は縮小するという予測も有るし、オフィスを住宅風にアレンジしたり、オフィス中古家具ではIKEAに価格優位性を持たないなど、不安が尽きないようです。

そんな中から出てきたのは「DIYコミュニティ」というキーワードでした。

オフィス家具を補修・リペアして販売するのではなく、「場合によってはパーツで提供してそれを題材に自由にカスタマイズ・DIY活用してもらいアイディアと工夫とを共有・拡散してもらえば面白いのではないか?」ということでした。

クックパッドや女子メイクのアイディアと工夫を共有するSNSと同じですね。

SNSコミュニティの作り方、イベント・ワークショップの仕組み方、お店の構成など非常に面白い展開になると思いました。

メーカーとして一方的に商品を提供するのではなく、題材を提示し「みんなでアソブ」感覚にすることで従来とは異なるマーケットの可能性と付加価値性とを感じました。

最新記事

すべて表示

建物低層部と街との関わり方について、企画・構想コンセプトとして何も提示がなければ、どうなるでしょうか?建築設計では公開空地を確保しながら、上下動線及び管理面からの条件を元に、コアの位置が設定され、ビルのステイタス空間としてのエントランスを計画してしまいます。こうして何となく設けられた公開空地と、ガランとしたロビースペースとが生まれるのです。 本来は、街ぎわプレイスで生み出したいアクティビティを想定

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを

都市開発において非常に重要な役割を担う低層部の「街ぎわプレイス」ですが、通常は総合設計制度などを活用するために公開空地として計画されます。 営利利用が認められない為に、ビル風が吹き抜ける寒々しい公開空地がほとんどではないでしょうか。最近になって、公開空地のあり方について議論され始め、ランチタイムにキッチンカーが営業していたり、外向きのカフェが設けられる事例も見られますが、その場所をどのように活用す