検索

CAMPUS2.0 ③共通一次試験の功罪

大学の入試改革として、国立大学に「共通一次試験」が導入されたのは、1979年でした。マークシート方式は入試業務の画期的な効率化につながり、何度かの改善を経て、私立大学も活用するようになり、毎年50万人以上が受験する「大学入試センター試験」として現在に至っています。共通一次試験の導入時代は日本が「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と持て囃され、世界で最も不良品を出さない、世界一の工業国として上り詰めるタイミングといえます。マークシート方式の大学入試導入によって、ミスを少なくする訓練、ミスを見つけてすぐに直す訓練が、中高教育では徹底・強化されることになります。1989年のベルリンの壁の崩壊、インターネット時代の到来とともに、我が国の産業構造にも大きな変革が迫られているにも関わらず、必要とされる「創造型人材」とは異なる、工業最適化人材ばかりが輩出される構造が維持されてきたのです。国立情報学研究所が作り、東大入試に挑戦することで話題になった人工知能の「東ロボくん」は、センター試験模試では、偏差値57超と高得点を獲得できました。またオックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授は「現在ある600の職業の49%はAI に置き換わってしまう」という研究結果を発表しています。つまりマークシート方式のセンター試験を続ける限り、AIに置き換えられる人材(失業予備軍)を大量に養成する事になるのではないでしょうか。方針転換が期待されたセンター試験(共通テスト)への論述形式の導入による入試改革は、手続きの不手際が災いし、頓挫したままになっています。一部大学での論述式試験やAO入学の導入や、早稲田大学政経学部での数学必須化など改善が見られるものの「日暮れて道遠し」という印象です。

これからの大学でどのような人材育成が求められているのか?その為にはどのような能力を図る入試が必要なのか?根本的な問いに立ち返り、目的と手段とを整理した上でロードマップを作成する、という具体的な対策を講じていく必要があるのではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

都市開発において当然ですが「建築のあり方」は特に大切です。 ですから設計コンセプトの手がかりとなる「企画・構想(開発)コンセプト」を明確に示す必要があるのですが、逆の流れになっているのが現状ではないでしょうか。 開発プロジェクトは「取り敢えずボリュームスタディしてみる」と称して主要用途を容積率一杯に作った計画からスタートします。何度か、このボリュームスタディを目にしている内に、プロジェクトチーム内

私たちは、コンセプトの抽出にあたって、共創ワークが不可欠だと考えます。共創ワークとは、プログラムに沿った関係者とのグループディスカッションを指します。 共創ワークでコンセプトそのものは抽出できませんが、その前提となる「目指すべきゴール」「現状と事業条件」などの共有を通じて「課題」が明確になります。それに加えて「地域の潜在性・自分達の DNA」の再認識プロセスが非常に重要です。 これまでのように、マ

コンセプトは前述のように思いつきのキーワードでは、関係者内で認識が共有されません。従来のように市場分析で得られたポジショニング提示すれば良い訳でもないため、そのコンセプトに至る方法論を、明確にしておく必要があると考えます。 そこで私たちはコンセプトの位置付けを明確にし、その抽出方法の方程式化を試みました。 まず全ての開発プロジェクトは、課題解決に繋がるという前提で式を作ります。すなわち「A:課題抽