検索

Beyond コロナ2

次世代の田園ライフ

Beyond コロナ時代にはテレワークと地方移住が定着し、これまで中々進まなかった地方創生の推進が想定されます。

月に数日の東京出張の他は原則は在宅ワークで仕事をこなせれば、地方創生の一番のネックとされた「仕事の機会」が担保されます。

恵まれた自然の中で農業やものづくりに励みながら仕事との両立が可能になる「半○半リモート」のライフスタイルです。

「住民から選ばれる田園」戦略

田園極におけるペルソナとして[28歳男性、独身]を想定すると、月に数度の東京出社以外の日は午前中に農作業を終え、ランチ後は昼寝して午後はリモートワーク、夕方以降に移住・観光支援などの地域貢献活動や夕食のおすそ分けと都心にはない地域連携というライフイメージが浮かび上がります。

1:自然資本とのマッチング提供

都市にはない「開疎」なストレスフリーな環境はもちろんのこと、水や食料、燃料などの生活資源が身近に備わっていることが最大の魅力です。

「いざという時も何とかなる」という安心価値を提供するためにも、住まいと共に農作地や作業場など意自然資源とのマッチング機能が必要です。

2:地域社会への参画機会

巨大な社会システムが稼働している中で無力感を味わうことの多い都市と異なり、自分の積極的な活動の効用が直に反映・実感できるスケール感の社会システム。

既存の仕組みを尊重しながらも新たな提案や試みを受け入れる寛容な空気が参画機会に繋が理、地域へのコミットメントと活力を生み出します。

3:ベースキャンプ

「地方に移住してみたい」と思ってはいても、実現するのは中々ハードルが高いものですし、移住先の地域との相性も心配です。

都市部に拠点を残したままで、取り敢えずアチコチに週末移住や期間限定移住などのトライアルが可能であれば非常に魅力的です。

「企業から選ばれる田園」戦略

企業として田園極とコミットするには事業方針に的確に対応できるフィールドが有効です。


1、ワーケイションや体調回復など福利厚生的な用途

2、特定の研究開発プロジェクトの集中合宿環境、

3、様々な体験を通した人材育成用途、

4、地域を対象とした社会課題解決のための実証実験フィールド 等々 行政と住民とが一体になった協働スタンスが有効だと考えます。


何れにしてもこれからは「都心極の利便性」だけでは競争優位性を保てないため、例えば【野村不動産@かやぶきの里】のような「田園極との連携」を特化ポイントにしたプログラム開発が想定されます。

最新記事

すべて表示

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務

都市の魅力を表す「指標として適切な人口」を何なのでしょうか?従来通り住む人(居住人口)や働く人(就業人口)が指標で良いのか?これまでは自分が働く場所を中心にして、住む場所を考えてきましたが、コロナ禍を経てリモートワークが定着し、どこでも働ける(=どこでも住める)時代になりました。これからは住む場所は働く場所に関係なく、「ワザワザ繰り返し訪れる街」が自分にとって魅力ある街と言えるのではないでしょうか

人生100年時代を迎えて、八ヶ岳型のライフプランを歩むビジネスパーソンの、学び直しニーズ対応することが、自立運営を求められる大学運営の鍵になります。マークシート方式に慣れた工業社会型人間の学び直しで不可欠なのは、知識の伝達ではなく学びの姿勢づくり「知に向き合う力づくり」です。脳科学的には「生きる目的は(高きに向かって進んでいく努力のプロセス=)成長にある」(理化学研究所 故 松本元氏)と言われ