検索

Beyond コロナ2

次世代の田園ライフ

Beyond コロナ時代にはテレワークと地方移住が定着し、これまで中々進まなかった地方創生の推進が想定されます。

月に数日の東京出張の他は原則は在宅ワークで仕事をこなせれば、地方創生の一番のネックとされた「仕事の機会」が担保されます。

恵まれた自然の中で農業やものづくりに励みながら仕事との両立が可能になる「半○半リモート」のライフスタイルです。

「住民から選ばれる田園」戦略

田園極におけるペルソナとして[28歳男性、独身]を想定すると、月に数度の東京出社以外の日は午前中に農作業を終え、ランチ後は昼寝して午後はリモートワーク、夕方以降に移住・観光支援などの地域貢献活動や夕食のおすそ分けと都心にはない地域連携というライフイメージが浮かび上がります。

1:自然資本とのマッチング提供

都市にはない「開疎」なストレスフリーな環境はもちろんのこと、水や食料、燃料などの生活資源が身近に備わっていることが最大の魅力です。

「いざという時も何とかなる」という安心価値を提供するためにも、住まいと共に農作地や作業場など意自然資源とのマッチング機能が必要です。

2:地域社会への参画機会

巨大な社会システムが稼働している中で無力感を味わうことの多い都市と異なり、自分の積極的な活動の効用が直に反映・実感できるスケール感の社会システム。

既存の仕組みを尊重しながらも新たな提案や試みを受け入れる寛容な空気が参画機会に繋が理、地域へのコミットメントと活力を生み出します。

3:ベースキャンプ

「地方に移住してみたい」と思ってはいても、実現するのは中々ハードルが高いものですし、移住先の地域との相性も心配です。

都市部に拠点を残したままで、取り敢えずアチコチに週末移住や期間限定移住などのトライアルが可能であれば非常に魅力的です。

「企業から選ばれる田園」戦略

企業として田園極とコミットするには事業方針に的確に対応できるフィールドが有効です。


1、ワーケイションや体調回復など福利厚生的な用途

2、特定の研究開発プロジェクトの集中合宿環境、

3、様々な体験を通した人材育成用途、

4、地域を対象とした社会課題解決のための実証実験フィールド 等々 行政と住民とが一体になった協働スタンスが有効だと考えます。


何れにしてもこれからは「都心極の利便性」だけでは競争優位性を保てないため、例えば【野村不動産@かやぶきの里】のような「田園極との連携」を特化ポイントにしたプログラム開発が想定されます。

最新記事

すべて表示

Beyond コロナの都市づくり⑨「コロナショックを考える視点」

Beyond コロナの都市づくり⑨「コロナショックを考える視点」 コロナショックの影響は苦労しながらのテレワーク環境の実装や、それに伴う家と徒歩生活圏の充実ニーズなどの行動変容がまず挙げられます。 これらを背景にインバウンドの蒸発と各種イベントの中止が加わり、観光・エンタメや飲食業など都市型サービス業への大打撃となっています。 様々なビジネスが「オンラインを活用した分散型へのシフト」に伴う混乱とも

Beyondコロナの都市づくり⑧「集客イベント、リアルとオンライン連動の形」

Facebookでのオンラインコミュニティの育成を通じて3000人規模のオンラインイベントに結実させた実績を持つ インバウンドメディア運営の青木優氏( MATCHA代表)にお話しを伺いました。 今回のインバウンドの蒸発という状況に際して業界の底上げという目的と「−99,9% インバウンド観光 逆転のシナリオ」というコンセプトの明確化がムーブメントを生み出すと説かれました。 その上で星野リゾートの星

Beyondコロナの都市づくり⑦「次世代のコンテンツビジネスの考え方」

これからのコンテンツ・集客機能のあり方について 中村伊知哉先生(iU学長)にお話を伺いました。 まず日本の一人当たり所得や国際競争力の凋落を元に「失われた30年」について触れられ、その元凶が技術革新への対応の遅れ(=社会変革)であると断じられた後、コロナ後の世界としてリアルとバーチャルがかけ合わさり、集中と分散とを併せ持った社会イメージを提示いただきました。 そのプロセスで必要なものと不必要なもの

Copyright © FIACS, All Rights Reserved.