検索

Beyond コロナの都市づくり 15「ソシオエコロジカル・ディベロップメント(SED)の時代」

都心、郊外、田園が「選ばれる」ためにそれぞれの特性に磨きをかけ競う時代。

都心におけるオフィスも商業も事業の舞台となる立地特性を踏まえコンテンツとしての価値向上を図る時代。

立地特性を際立たせ魅力化を図る方策としてリアルとオンラインとのハイブリッドでのコンテンツ作りが有効だと考えます。

土地の歴史や伝承を紐解きヒト、モノ、コトを再発見しコンテンツとして再構築するのです。

物語、アニメ、ゲームなどによるメタ価値化も有効です。

この視点で日本を見たとき四季の気候帯や山紫水明、各地で育まれた食文化などの「世界一の風土力」と各種芸道をはじめモノづくりやオタク・創作などの「世界一の深掘り力」こそが「超・文化」として国際的にも優位性を持つと考えます。

旧来のアパレル業からユニクロに代表されるSPAに変革・進化したように、都市開発も単にビルを建てテナントを埋めるだけではなく、リアルとオンラインとのハイブリッドによりユーザーを集め、コンテンツとして価値を高めるコトで二次収益、三次収益を生み出す工夫が必要です。

私たちはこのような視点を社会的継続性のある都市づくりとして、提唱・普及させていきたいと考えます。

Beyond コロナ時代こそ真の国際文化都市が花ひらく時代なのです。

この文章は「Beyond コロナの都市づくり( FIACS編 都市出版)」より抜粋・要約したものです。

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務