top of page
検索

ARコンテンツの妄想イメージ:商業施設の XR武装 ④

【内容】

1.裏ショップの可能性

2.リアルを起点にしたイメージ拡張



1.裏ショップの可能性

AR技術を活用すれば、「リアル店舗はどのように魅力化できるのか?」について、(株)エイベックスでプロデューサーを務める中前省吾氏に伺ったことがあります。

彼は「アンダーグラウンド東京」というコンセプトで、「多彩な裏ショップ」を説明してくれました。

  1. 100円ショップの裏では、100万円以上の高級品を販売するなど、「正反対のモノを売る裏ショップ」が、考えられます。

  2. リアル店舗は、小さい規模だけれど、裏空間では、膨大な在庫数を誇るマニアックな専門店など、「リアル店舗からは想像もつかない裏ショップ」も面白いと思います。

  3. 個別のリアル商品を起点にして、「スポーツメーカーが作るドレスシューズ」や、ファストフード店の裏での高級メニューなど、「真逆のブランディング」も可能になります。

  4. ロゴやモチーフが、上下左右で反転していたり、アイスショップでホットクレープなど「ギャップを楽しむオリジネル商品」の販売も考えられます。

その他、個別のイベントでも、地下駐車場を活用した「ARイベントの開催」や、リアルなライブペイントの裏側で、「リアルタイムに作品の中に入り込めたり」、リアルな街なかのオブジェを起点にした「オンラインゲーム」などのアイディアも有りました。

居酒屋などが、常連にだけ提供する「裏メニュー」感覚で、いろいろなアソビやコミュニケーションを展開する「AR裏ショップ」「AR体験コンテンツ」が可能になるという事です。



2.リアルを起点にしたイメージ拡張

もちろん「裏」だけでなく、「表」の商品の販売促進にもAR技術は有効です。

オンライン上には、星の数ほどのショップと商品が、溢れかえっています。

それぞれの商品が、パソコンやスマホの画面上で、横一線に並びながら、デザインや素材、製造プロセス、作り手の想いやストーリーを競っているのです。

WEB画面上だけで、差別化していくことは不可能ではないでしょうか。

3つ程度の選択肢は有効ですが、20種類の中から選択することは、ストレスになり「選択疲れ」と揶揄されています。

選択肢が増えすぎると、人は保守的な選択をすると言われ、結局は宣伝広告費をかけ露出量を増やせる大企業の商品や、「売上No. 1」「人気No. 1」などの既存の評価が定着した商品が購買され、宣伝費ばかりを膨張させる競争になります。

このような無限競争を回避するためにも、「オリジナリティのあるリアルな場所」を起点にして、 「AR技術によるイメージ拡張」が有効ではないでしょうか。

例えば、コスメの場合であれば、「渋谷×クレープ店=カワイイ系」「丸の内×パウダールーム=オーガニック系」「銀座×ギャラリー=アート系」などの棲み分けをした上で、自社商品をアピールすることが考えられます。

リアル店舗だけでも、 Eコマースだけでもない、「第三の道:リアル店舗のAR拡張」の可能性を感じます。


最新記事

すべて表示

研究会での知見 健康経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 1.既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地

「健康」を取り巻く環境 健康経営ビル ②

【内容】 健康日本21の試み 健康に関するデータ・エビデンスの提供 「健康経営」と言う知恵 1.健康日本21の試み 健康づくりに関する国の動きは、まず厚労省から始まりました。 2000年に入り、厚労省が、「21世紀における国民健康づくり運動(通称:健康日本21)」を策定しました。 これは、急速な高齢化の進行と、痴呆や寝たきりになる人たちの増加を予想して、「介護保険制度」のスタートに合わせて作られた

Comments


bottom of page