top of page
検索

顧客接点プレイス ⑧ A:滞留型の顧客接点プレイス

滞留型の顧客接点プレイスは、商業施設内などの大型区画で、ワザワザ立地を想定しています。

「ブランドギャラリー」と共用の「コミュニティ・カフェ」から構成されます。

ブランドギャラリーは空間全体で世界観をアピール・体験する演出が施されます。場合によっては共通する世界観を持つ複数のD2Cメーカーが共用することも可能です。

D2Cメーカーのオフ会利用に対応できるコミュニティ・カフェは、通常時はカフェ利用を想定されています。

このような利用想定は、一種の「プチ MICE」と言えます。MICEとは会議や展示会・イベントの総称ですが、リアルな交流が目的ですから、単に会議やイベントを開催するだけでなく、その前後に如何にカジュアルなコミュニケーションを取れるか?が重視されます。

イベント後の交流会が円滑に進行できたり、話題を生みやすい場所での開催を工夫する「ユニークベニュー(特別感)」が、会議・イベント会場の設備スペックと同等以上に重視されます。それほど大規模である必要はありませんが、プチMICEとしての設えが有効になると考えます。

さらにブランドの世界観やコミュニティの交流体験の場としての役割を担うには、全方位型のプレーンな空間よりも、一定の特徴を備えた「曲のある館」の方が有利と言えます。

ベンチマークとしては、若者向けの「109」、ファッション&カルチャーの「パルコ」、サブカルの「中野ブロードウェイ」と言ったところでしょうか?

この顧客接点プレイスでは、時間をかけた顧客体験を想定します。購買モデル「SIPS」に準えると後半部分の I : 確認、P :参加、S :拡散を担います。従ってその運営はb8taのように、顧客の反応を丁寧にフィードバックできるように設計します。様々なセンサー、カメラの設置と教育されたサポートスタッフによる体験支援が必要です。

事業構造もb8taを元に「顧客データを対価にした定額制」が望ましいと考えます。

b8taの場合1区画(60×40㎝)当たり月額30万円で、単純な月坪換算で400万円超となります。

その場所での売り上げを元にした料金としては、非常に高額になりますが、 R&D や販売促進コストとして考えると、適切かも知れません。

どれだけ対価としてのデータの有効性や、集客・話題作りに寄与できるか?が問われます。

最新記事

すべて表示

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

基本スタンスと方針 シン・文化観光 ⑥

【内容】 これまでの論点整理 観光における提供価値 文化観光の三層構造 1.これまでの論点整理 インバウンドも復活する中で、日本の観光振興を考える際に、「物足りなさ」を補う工夫が必要ではないか?政府が力を入れる「文化観光」では、なおさら「文脈」を含めて理解を促す仕組みが必要。 ツーリズムの変遷を振り返ると、日本人の「旅好き」が浮かび上がるとともに、「マスツーリズム」から「ニューツーリズム」と経て、

文化観光の課題 シン・文化観光 ⑤

【内容】 日本文化を提供する視点 体験プログラムでは稼げない 総合的な体験サービスの提供主体 1.日本文化を提供する視点 「日本文化は、目に見える部分だけでなく、その文脈の説明を補足しなければ、チープに見えてしまう」という、先述のエイベックスの中前氏のコメントにあるように、欧米の壮麗な石造りの文化資源に比べて、質素で小ぶりな日本の文化資源の魅力を伝えるには、情報(解説)が必要だと考えます。 また、

Comments


bottom of page