top of page
検索

防災まちづくりとは何か? 防災まちづくり ②

【内容】

1.防災施設の建造

2.減災という発想

3.協働の重視



防災まちづくりとは、災害に強い地域社会の形成に向けた取り組みを指し、

ハードとソフトにわたって、下記のような特徴を持ちます。


1.防災施設の建造

防災としてまず考えられるのが「防災施設の建造」です。

想定される河川の氾濫や津波などに対応して、物理的な防災策を講じるための公共事業で、具体的にはダムや堤防、防潮堤の建造があります。

過去の災害をもとにして、岩手県普代村では高さ15mの水門が建設され、洋野村の防潮堤の高さは12mに達していました。

「過剰だ」と言われたこれらの防災施設が、2011年の東日本大震災での大津波から、住民の命を守ったことは有名です。

甘い津波予想に基づいた対応が、事故の原因とされる東京電力の福島第一原発に対して、東北電力の女川原発は、設計段階から津波を重要課題であると認識し、敷地高さが海抜14mに設定され、東日本大震災の津波被害を免れています。

このように「防災施設の建造」は重要なのですが、その実現には、多額の費用が必要で、広い範囲での適用は難しいのが実情です。


2.減災という発想

そこで想定される方針が「減災」です。

これは、被害が出ることを想定した上で、被害を最小化しようとする取り組みです。

防災拠点の設置や防災公園の整備、延焼遮断帯の整備などを行う都市計画手法として、

防災街区整備事業や防災公園街区整備事業などがあります。

そのほかにも、建物の耐震強化、避難経路の確保(狭い道路の拡幅や行き止まりの解消)、ブロック塀の生垣化などが挙げられます。

一方で「減災」を実施するには、民間施設の改良が必要で、助成金などによる促進を図るにしても、幅広い市民の理解と協力を得るため、息の長い取り組みが不可欠と言えます。


3.協働の重視

このような状況で、重要になるのが「協働」です。

災害の対応は、自ら対応する「自助」、ご近所などの共同体で助け合う「共助」、そして消防や警察、自治体に助けてもらう「公助」の3つに区分することができます。

市民と行政との役割分担が進んだ現代では、日常生活で「公助」に依存してしまう傾向が強く、災害時にも「公助」が機能することを、想定してしまいます。

しかし災害が大規模で深刻な被害が出るほど、「公助」の機能は低下すると認識すべきです。

特に瞬時に大量の被災者が出る「地震」の場合は顕著で、阪神淡路大震災では、家屋の下敷きになった16万4千人のうち、12万9千人(約80%)が自力で脱出(自助)し、2万7千人(約16%)は近隣住民による救出(共助)で、警察・消防・自衛隊による救出(公助)は7,900人(約4%)に止まっています。

しかも、近隣住民に救出された人の8割が生存できたのに対し、警察などによって救出された人の生存率は5割だったということです。

このように防災においては「公助」の限界が顕在化し、「自助」「共助」を重視する必要があります。


このような状況を踏まえて国交省は、2012年に「防災都市づくり計画策定指針」を策定し、各地方公共団体が主体的に行う防災都市づくりの計画の策定・見直しを促しています。

最新記事

すべて表示

研究会での知見 健康経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 1.既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地

「健康」を取り巻く環境 健康経営ビル ②

【内容】 健康日本21の試み 健康に関するデータ・エビデンスの提供 「健康経営」と言う知恵 1.健康日本21の試み 健康づくりに関する国の動きは、まず厚労省から始まりました。 2000年に入り、厚労省が、「21世紀における国民健康づくり運動(通称:健康日本21)」を策定しました。 これは、急速な高齢化の進行と、痴呆や寝たきりになる人たちの増加を予想して、「介護保険制度」のスタートに合わせて作られた

コメント


bottom of page