検索

都市クオリア指標の高め方⑥ 春夏秋冬:季節感による変化拡張

日本人は古来より季節の移り変わりに対して敏感であり、季節から何かを感じたり連想したりする優れた感性を持つと言われます。長い生活文化の中で人々は暦の二十四節季や雨・雲に付けられた様々な名称で、微妙に分別を表現する素晴らしい知恵を身に付けてきました。旬の食材をその季節に食べ、味覚を目や舌で味わい、季節に想いを馳せて来たのです。

近年の経営理論に「両利きの経営」があります。経営資源は得意分野の深化に注力すると同時に、次世代分野の探索にも力を注がなければ、持続的な成長を見込めないとするものです。個人の生産活動も同様で、深化のための集中力が必要なフェイズと、様々な刺激を探索していくフェイズの両立が必要です。深化フェイズには気温も光量も調整された環境が有効かもしれませんが、探索フェイズでは季節の変化を含めた多彩な刺激が効力を発揮するのではないでしょうか。

探索のための刺激と同時に、人間の想念の膨張・暴走を抑え、自分の中の自然性を自覚する機会として季節感は有効です。本当は季節との関わりも単に鑑賞としてだけでなく、積極的にコミットできる「菜園」などの仕組みは非常に魅力的だと考えます。

人はどのような状況にも馴れてしまう動物です。新年の抱負や願掛けも3ヶ月もすれば忘れてしまう始末です。一年を二十四節季に区分して愛でる風習を活用すれば、ほぼ2週間に一度仕切り直しが可能になります。春一番の魁となる「立春」、雪から雨に変わり春を感じ始める「雨水」、冬眠していた虫や木の芽が目覚める「啓蟄」、昼と夜の長さが同じになる「春分」など、これまで歳時記は主に商業施設の販促キャンペーンとして活用されて来ましたが、オフィスなどの創造の場でリズムを生み出すために積極的に入れ込む事が有効だと考えます。サウナがもたらす効用に「整う」という言葉がありますし、断食状態では五感の感受性が鋭くなると言います。都会生活の中で不感症状態になっている感性を積極的に覚醒する仕組みが必要なのです。


【季節による変化拡張:歳時記の活用による五感の覚醒】

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務