検索

都市クオリア指標の高め方⑨ ノードによる交流拡張

都市の価値はオンラインにはない「多様で濃密なコミュニケーションの場」にあります。その意味で不特定多数の人たちが集い交流する機会がある広場や駅が重要になってきます。多摩大学の学長であった野田一夫氏が「これからは異文化を交流させる場が重要になってくる。異文化と言っても外国人とは限らない。同じ日本人であっても60歳以上と30〜50代と20歳代以下では全く価値観が異なる。親と子、上司と部下、先生と生徒が異文化という事になる。米国には元々異文化を交流させる社会的仕組みがあるが、日本には無い。家におけるリビング、会社や学校におけるサロン、都市では広場がその役割を担う必要がある。」と言われた事を思い出します。都市空間において広場(や駅構内)は交流を拡張する貴重なノード環境なのです。今こそ広場が必要なのですが、駅前の「交通ロータリー」や高層ビル前に「空地」はありますが、人が集い交流できる「広場」の設えにはなっていません。交流を促す為には細心の注意を払ったデザインが必要なのです。

人が安心できる「入り隅レイアウト」や植栽帯や噴水などの修景物による「拠り所&潤いデザイン」、さらには直列・固定的なベンチよりも、状況に合わせて自由にレイアウトできるテーブル&椅子による「居心地演出」など、工夫すべきポイントが沢山あります。最近の事例では、街路灯の小さなテーブルや手すりにカウンターが設置され、ちょっと荷物を置いて携帯メールを返信したり、テイクアウトの飲み物を置いたり出来るだけで、そこが居場所になるデザインも施されます。雨の多い日本の風土に適した「長岡アオーレ」や「富山グランドプラザ」などの屋根付き広場も現れています。さらに温もりのある場所に人は集まります。ですから広場の外周部が賑わいある店舗に囲われたり、日常的に子供達がハシャぐ風景が見られる工夫が必要です。「亀戸サンストリート」では子供用に手づくりの輪投げや表彰台・水遊び台などが置かれ、それで遊ぶ子ども達をたくさんの人が笑いながら眺めていました。

都市には出会いの場として細心のデザインが施された広場や駅が必要なのです。


【ノードによる交流拡張:広場や駅は出会いの場としてデザインする】


最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務