top of page
検索

街まるごとホールディングス:「会社×都市」2.0 ⑩

【内容】

  1. 株式会社の原点

  2. プロジェクト型組織の集合体

  3. 街まるごとホールディングス


1.株式会社の原点

株式会社が誕生したのは、17世紀に設立された「オランダ東インド会社」だと言われています。

オランダ東インド会社は、航海の資金を調達するために、投資家に出資を募ります。この出資者に、発行された証券が「株」の起源とされています。

当時の航海は、海賊の襲撃や疫病などの影響で、ハイリスクな事業でした。そこで複数の投資家から出資してもらい、貿易で出た利益を還元したのです。

東インド会社の事業は、平均20%という多大な利益をもたらし、出資額に応じて、その配当も変動したと言います。

株式会社の原点は、このように挑戦のリスクを低減し、みんなで利益を分け合う、出資と配当を繰り返す「プロジェクト型」の仕組みだったのです。

本来は、プロジェクト達成という目的のための手段と言えます。

ところが会社として、「常態化」することで、もちろん効率が良くなった部分もありますが、

組織の存続が目的化してしまいました。

ましてや、その「会社」が巨大化しまうと、緊張感のない中で、組織内の調整事項ばかりが増え、デメリットが大きくなるのではないでしょうか。


2.「プロジェクト型組織」

テクノロジーがあらゆる産業分野に革新をもたらすと共に、会社に求められる「仕事の重心」が、新規事業開発や研究開発など、イノベーションにつながるプロジェクト型の創造ワークに移行した事は、先に述べました。

そして創造型ワークは、社内のリソースだけで推進することが難しく、目標とするプロジェクトに向けて、社内外からスペシャリストが集まり、チームを組んで進行させ、プロジェクトの終了ともに解散するというプロセスになります。

「映画の制作システム」がよく事例としてあげらますが、冒頭に提示した「株式会社」本来の姿とも言えます。

「ダンバー数」として理論づけられた「顔のわかる人間関係の上限としての150人程度」が、フットワークの良い「会社」の規模かもしれません。

この規模の「会社」が沢山活動している状況が元気な街と言うことになります。

ワーカーもスペシャリストとして、様々なプロジェクトに重層的に関わる方が、緊張感と達成感、誇りにつながるのではないでしょうか。


3.街まるごとホールディングス

このようなプロジェクト型の会社を、継続的に支える仕組みが、街に備わっていると、効率的です。

これはよく考えると「本来のホールディングス」の考え方になります。

ホールディングスの大きな役割は、各事業会社の戦略実行支援です。

また事業会社が事業に専念できるように、経営コンサルティング・経営支援を通じて、企業価値の向上を図るという意味では、ベンチャーキャピタルと言えるかも知れません。

街全体で、このような役割の組織があれば、非常に機動的な事業会社が、活発に活動できるようになります。

「街そのものが経営資源」になります。

「街まるごとホールディングス」とは、「都市」を舞台にして「会社」の事業プラットフォーム化を図る方策です。


最新記事

すべて表示

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

基本スタンスと方針 シン・文化観光 ⑥

【内容】 これまでの論点整理 観光における提供価値 文化観光の三層構造 1.これまでの論点整理 インバウンドも復活する中で、日本の観光振興を考える際に、「物足りなさ」を補う工夫が必要ではないか?政府が力を入れる「文化観光」では、なおさら「文脈」を含めて理解を促す仕組みが必要。 ツーリズムの変遷を振り返ると、日本人の「旅好き」が浮かび上がるとともに、「マスツーリズム」から「ニューツーリズム」と経て、

文化観光の課題 シン・文化観光 ⑤

【内容】 日本文化を提供する視点 体験プログラムでは稼げない 総合的な体験サービスの提供主体 1.日本文化を提供する視点 「日本文化は、目に見える部分だけでなく、その文脈の説明を補足しなければ、チープに見えてしまう」という、先述のエイベックスの中前氏のコメントにあるように、欧米の壮麗な石造りの文化資源に比べて、質素で小ぶりな日本の文化資源の魅力を伝えるには、情報(解説)が必要だと考えます。 また、

Comments


bottom of page