top of page
検索

歴史まちづくりの考え方 歴史まちづくり ⑤

【内容】

  1. 「街」にとっての「歴史」とは

  2. 社会彫刻という考え方

  3. 歴史まちづくりの視点

 

 

 1.「街」にとっての「歴史」とは

これまでの考察で「歴史の価値」について、下記のように整理しました。

「人間が社会的な存在であるからこそ、歴史を踏まえた「自己の確認」と「未来への決断」が有効で、「これから、みんなで」生きて行く方策を検討・共有する為には、歴史を基にしていくことが効果的」

それでは、「街」にとっての「歴史」とは何なのでしょうか?

「街」の「歴史」とは、「自己の確認」と「未来への決断」をしてきた「人々が生きた証」になります。

「人々の決断の証」が、街の歴史として「風土・建物・人々・土地など」に、過去から未来に堆積していくのです。

学者や役人的な発想ではなく、そこに暮らす人たちが、いつも生活感覚で実感・共有できる「証」が、街の歴史として重要ではないでしょうか。

過去からの履歴を持つ空間の中で、暮らす人たちが自分の履歴を積んでいく。

街は広義の「社会彫刻」だと考えます。

 

2.社会彫刻という考え方

ドイツのアーティスト、ヨーゼフ・ボイスが提唱したのが、「社会彫刻」という考え方です。

「すべての人間は芸術家であり、造形活動だけでなく、教育活動、政治活動など、あらゆる人間の営みは、たとえ芋の皮を剥くといった行為さえ、意識的な活動であるならば芸術活動になり、その成果が社会彫刻である」

という定義になります。

この具体例として、1982−1987年ドクメンタ会場で作成された「7000本の樫の木」プロジェクトが挙げられます。

これは会場となるカッセル市に、5年間にわたって樫の植樹と共に、玄武岩を置いていくプロジェクトです。樫の木は「生」を、変化しない玄武岩は「死」を意味し、生死の存在によって世界が成立していることを表現したといいます。

経済合理性だけで、街をスクラップ&ビルドしていくのではなく、「社会彫刻」としての街に、どのような「一筆」を加えるのが、効果的なのか?という視点でみると、街づくりが変わります。

過去に作られたモノ、古いモノを「背景・地」に見立て、現代のモノ、新しいモノを「前景・図」として加えていくことによって、「時間的方向性」と「格調」とを醸し出すように、街を育てていくことが可能になります。

 

3.歴史まちづくりの視点

都市の歴史を大切にすることは、ノスタルジーや歴史至上主義からだけではありません。

生活における不便が、ほぼ解消され、機能・スペック、デザインでは差別化が難しい「日常コモディティ時代」に、特化した価値提供に有効なのが、「ストーリー」であり、その礎としての正統性(=歴史)です。

神社・仏閣が「縁起や由縁」を語ることで、正当性を競うように、個人や企業も「どこで、何をしてきたのか?」が問われる時代になるのではないでしょうか?

その時にライフスタイルや企業活動の舞台として、「街の正統性、格調」が非常に重要になると考えます。

このような視点から、次回以降で具体的な方策を提案していきます。

 

最新記事

すべて表示

研究会での知見 健康経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 1.既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地

「健康」を取り巻く環境 健康経営ビル ②

【内容】 健康日本21の試み 健康に関するデータ・エビデンスの提供 「健康経営」と言う知恵 1.健康日本21の試み 健康づくりに関する国の動きは、まず厚労省から始まりました。 2000年に入り、厚労省が、「21世紀における国民健康づくり運動(通称:健康日本21)」を策定しました。 これは、急速な高齢化の進行と、痴呆や寝たきりになる人たちの増加を予想して、「介護保険制度」のスタートに合わせて作られた

コメント


bottom of page