top of page
検索

次世代の沿線価値 ⑥ 脱・消費者思考:ファースト・コミュニティとしてのマチラボ

これまで郊外都市は都心ワーカーにとって、基本的に眠る&休日だけの役割の街でした。働く場と遊ぶ場は都心にあり、その間を往復しながら使い分けしていたのです。ディナーレストランや高級専門店は都心にしかなく、郊外ではランチ対応のチェーンレストランとロードサイドの量販店で我慢するしかありませんでした。この図式が大きく変わります。大人が郊外で過ごす時間が増えるにつれ、多彩な都市型サービス施設へのニーズが高まる可能性があります。ただしここで問題が出ます。これまで都市型サービス施設の利用シーンは、会社コミュニティが中心でした。ところが郊外にはこの受け皿となるコミュニテイが存在しないのです。これまでの眠る&休日を過ごす郊外都市において、豊かな自然環境や都心から移転してくるサービス施設を使いこなすコミュニティを育成する必要があるのです。

これからの沿線ビジネスを考える上での「リソース」と「ニーズ」とはなんでしょうか?中央線沿線を例に取ると、まずリソースとして、①農地を含めてアウトドア環境が近い ②多彩な趣味やスキルを持った人が多い ③その延長として地元愛の対象となる個性的な街が多い などが挙げられます。ニーズとしては、通信環境を含めてリモートワークに適応できる人たちは、浮いた通勤時間分を活用してアクティブライフを楽しめるけれど、そんな人たちはむしろ少数派で、これまで会社人間で、家族との距離感やON/OFFの切り替えに苦労する「リモートワーク・ライフ低適応」な人たちが大多数ではないか?と推察します。

そんな人達のリモートワーク&ジモティライフへのリハビリ・サポートが必要ではないかと考えます。これまでの会社中心ライフから、フルタイムでのお家ライフに移行する支援機能が、通勤で慣れ親しんだ駅周辺にあると、非常に納得感があって魅力的だと考えます。着眼点としては①これまでの会社中心の時間割を、自分でどう管理していけば良いのかわからない。②これまでの仕事中心のコミュニケーションを、地元にどう結びつけていけば良いかわからない。③通勤や商談で確保されていた歩行距離がなくなり運動不足で、どう健康管理していけば良いかわからない。 こういった人たちにライフスタイルをシフトさせるきっかけづくりが必要です。それには家人でも会社人でもなく、街に関われる第三の役割として会員制の「街の研究所:マチラボ」を提案します。マチラボは研究所ですから、街に関して調べるために調査・ヒヤリング・発表を行います。研究所ですから、実験・トライアルを行います。研究所ですから、行政を含めて色々な相談事が舞い込むかもしれません。このような活動を通じて「地元の人・コト・街との関係強化」が図れるのではないでしょうか。自分投資を基本としながら、趣味づくり半分、仲間づくり半分ですから、自分がやりたいテーマを街に絡めながら、研究員の肩書のもと地元でフィールドワークしていきます。

ジモティライフへのリハビリに必要なのは、「サードプレイス」だけでなく「サードポジション」なのです。そんな人たちのファースト・コミュニティを作り出す会員制ビジネスとして「マチラボ」が駅にあると助かると考えます。

最新記事

すべて表示

【内容】 高齢者の「健康長寿」を支える仕組みづくり 厚労省の動き 国交省の動き 1.エイジング・イン・プレイスの仕組みづくり エイジング・イン・プレイスとは、「住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続ける」という考え方です。 第2の人生を積極的に楽しみたいけれど、退職後に地縁・社縁を含めた「生きがい」失ったまま高齢化、孤立化する人が多いと言う調査結果があります。 また車を保有しない人は外出率が

【内容】 「健康まちづくり」推進の背景:国の思惑 個人の老後不安 エイジング・イン・プレイスの実現 1.「健康まちづくり」推進の背景:国の思惑 超高齢社会の到来を控え、「住民ができる限り健康で幸せを実感できる」まちの実現を目指して、まち全体の環境を整備する「健康まちづくり」に取り組む自治体・地域が増えています。 誰も反対のしようが無いコンセプトなのは理解できますが、どうして一斉に唱え出したのでしょ

【内容】 消費経済ルールではない関係性づくり 静脈系の価値提供で「半分になった世界を取り戻す」 身体系プラットフォームで、都市も社会も変わる 1.消費経済ルールではない関係性づくり 都市の街並みは美しくなったのですが、その反面、道端の屋台はそのほとんどが取り締まられて姿を消してしまいました。 路上ライブ・ストリートダンスや大道芸などのパフォーマンス行為は規制の対象となり、予め設定されたスペースでの

bottom of page