top of page
検索

推し活と企業連携の考え方 「推し活」文化 ⑥

【内容】

  1. 「推し活」連携の特徴

  2. 「推し活」連携の事例

  3. 「推し活」連携のポイント

1.「推し活」連携の特徴

成熟社会における消費のモチベーションであり、コアになる市場だけでなく、周辺連携により、大きな波及効果を望めそうな「推し活」を企業活動に活かそうというのが、推し活マーケティングです。

「推し活」の最大の効力は、ファンの「伝播力」にあります。

自分の「推し」を、「まだ知らない人たちに知ってほしい」という思いが込められ、伝播させていきます。

これは「誰かのためにすることが、自分の幸せにつながる」という「利他の精神」とも言えます。

アイドルの応援広告を含めた「推し活」の原動力と言えます。

そして推し活の基本は、「自発的な行為」です。

自分と世界とを繋ぐ行動は、常に自分発である必要があります。

ユーザーが、 SNSでシェアしたくなる仕掛けがあると、情報拡散しやすくなります。

しかしその一方で、メディアや企業から「これを宣伝してください」と指示されること対しては、反発を招きます。

このバランスのむずかしさが、「推し活」連携のツボになるのだと言えます。

2.「推し活」連携の事例

企業と推し活との連携では、下記の様な事例があります。

1.ローソン×男性アイドル

コンビニのローソンでは、ジャニーズアイドル「なにわ男子」とのテレビ CMに加えて、店内放送イベントを実施しています。店内に流す音声になにわ男子を起用し、推し活中のファンの来店を促しています。

2.エスビー食品×ボーイズグループ「INI」

同社の「まぜるだけのパスタソース」のプロモーションとして、 INIメンバー11人のそれぞれを「推しスパ」を紹介し、テレビCMやTwitterキャンペーン、コラボパッケージなどを展開しました。

3.カラオケパセラ推し会パック

カラオケチェーン「パセラ」が、推し活の一つであるオフ会やイベント、推しの誕生日のお祝いなどの「推し会パック」を用意しています。

推しのイメージカラーを使ったドリンクやスイーツなど同じ推しを持つファンが集えるプランを提供しています。

3.「推し活」連携のポイント

推し活と企業との連携には、いくつかの留意点があります。

1.「推し」が主役になる工夫

通常の「コラボ」であれば、自社の商品・サービスを主要テーマにしても良いですが、推し活マーケティングにおいては、「推し」を全面に出すべきです。商品やサービスのファンではなく、推しのファンが対象だと言うことを肝に銘じるべきです。

2.「推し」と関連性が持てるもの

提供する商品・サービスとの「こじつけ」は、ファンの反発を買います。

「推し」が大切にされていると、ファンに感じてもらえるようなストーリーを打ち出すことで、推し活に熱心になって貰えます。

3.形として残せる商品にする

持ち運びできて、 SNS投稿できるものなら、写真に収めてもらえます。

具体的な形のないものは、 SNSでの拡散が期待できません。

推し活マーケティングで提案する商品は、SNSで発信できる形の残るものにする必要があります。

4.誰かと共有したくなるもの

ただ推し活商品を購入するだけでは、それ以上の拡散がありません。

ファンが購入してから、誰かと共有したくなり、SNS 拡散までがワンセットとして設計する必要があります。

この様なポイントに配慮された「推し活」連携は、SNS全盛の時代に対応した販促手法だと言えます。

最新記事

すべて表示

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

基本スタンスと方針 シン・文化観光 ⑥

【内容】 これまでの論点整理 観光における提供価値 文化観光の三層構造 1.これまでの論点整理 インバウンドも復活する中で、日本の観光振興を考える際に、「物足りなさ」を補う工夫が必要ではないか?政府が力を入れる「文化観光」では、なおさら「文脈」を含めて理解を促す仕組みが必要。 ツーリズムの変遷を振り返ると、日本人の「旅好き」が浮かび上がるとともに、「マスツーリズム」から「ニューツーリズム」と経て、

文化観光の課題 シン・文化観光 ⑤

【内容】 日本文化を提供する視点 体験プログラムでは稼げない 総合的な体験サービスの提供主体 1.日本文化を提供する視点 「日本文化は、目に見える部分だけでなく、その文脈の説明を補足しなければ、チープに見えてしまう」という、先述のエイベックスの中前氏のコメントにあるように、欧米の壮麗な石造りの文化資源に比べて、質素で小ぶりな日本の文化資源の魅力を伝えるには、情報(解説)が必要だと考えます。 また、

Comments


bottom of page