top of page
検索

接客のベンチマーク おもてなし2.0 ⑤

【内容】

1.東京ディズニーリゾート

2.スターバックス・コーヒー

3.日本における独自進化



1.東京ディズニーリゾート

接客の素晴らしさで真っ先に挙げられるのが、東京ディズニーリゾートです。

「お客様にハピネスを提供する」と言う企業理念が、行き渡っています。

マニュアルではなく、3日間の研修で、SCSEの4原則を教え込まれます。

Safety(安全):安全な場所、安らぎを感じる空間を作り出すため、ゲストにとっても、キャストにとっても、安全を最優先すること。

Courtesy(礼儀正しさ):「すべてのゲストが VIP」との理念に基づき、言葉遣いや対応が丁寧な事はもちろん、相手の立場に立った、親しみやすく、心を込めたもてなしをすること。

Show(ショー):あらゆるものがテーマショーという観点から考えられ、施設の点検や清掃などを行う他、キャストも「毎日が初演」の気持ちを忘れずにショーを演じること。

Efficiency(効率):安全、礼儀正しさ、ショーを心がけ、さらにチームワークを発揮する事で、効率を高めること。

最近では、これに加えて下記を追加し、「The Five Key〜5つの鍵〜」として行動規範が定められています。

Inclusion(インクルージョン):さまざまな考え方や多様な人たちを歓迎し、尊重すること。全ての鍵の中心にあり、他の4つの鍵のどれにも深く関わる。


ゲストはもちろん、キャストにもハピネスを提供し、笑顔にするために、「仕事に誇りがあるか?」「想像力を広げているか?」「何でもかんでも楽しんでいるか?」などの視点で、サービス改善に取り組まれています。


2.スターバックス・コーヒー

やはり接客の評価が高いスターバックス・コーヒーにも、接客マニュアルはありません。

「人々の心を豊かで活力あるものにするために 〜一人のお客様、いっぱいのコーヒー、そしてひとつのコミュニティから。」と言うミッションを元に、5つの行動指針を定めています。

①私たちは、パートナー、コーヒー、お客様を中心とし、 Valuesを日々体現します。

②お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられる様な文化を作ります。

③勇気を持って行動し、現状に満足せず、新しい方法を追い求めます。スターバックスと私たちの成長のために。

④誠実に向き合い、威厳と尊敬をもって心を通わせる、その瞬間を大切にします。

⑤一人ひとりが全力を尽くし、最後まで結果に責任を持ちます。


これらの理念浸透のために、社員・アルバイトに関係なく、新人に対する数十時間の研修や、従業員のお客様に対する行動に対してコーチングとフィードバックなどのきめ細かなフォローを行なっています。


3.日本における独自進化

本場のディズニーランドのフレンドリーな接客をベースにして、東京ディズニーリゾートでは、究極のホスピタリティで「夢の国」を完成させています。

スターバックス・コーヒーも、コンセプトとなる「サードプレイス」の考え方について、当初のフレンドリーなコミュニケーションの場としてだけでなく、一人の時間を楽しみたいという日本独自のニーズに対応して、チューニングしています。

セブンイレブンが、米国のコンビニエンスストアというシステムを導入した上で、日本流に磨き上げたように、東京ディズニーリゾートやスターバックスコーヒーも、日本流に独自進化したと言えるのではないでしょうか。

最新記事

すべて表示

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

基本スタンスと方針 シン・文化観光 ⑥

【内容】 これまでの論点整理 観光における提供価値 文化観光の三層構造 1.これまでの論点整理 インバウンドも復活する中で、日本の観光振興を考える際に、「物足りなさ」を補う工夫が必要ではないか?政府が力を入れる「文化観光」では、なおさら「文脈」を含めて理解を促す仕組みが必要。 ツーリズムの変遷を振り返ると、日本人の「旅好き」が浮かび上がるとともに、「マスツーリズム」から「ニューツーリズム」と経て、

文化観光の課題 シン・文化観光 ⑤

【内容】 日本文化を提供する視点 体験プログラムでは稼げない 総合的な体験サービスの提供主体 1.日本文化を提供する視点 「日本文化は、目に見える部分だけでなく、その文脈の説明を補足しなければ、チープに見えてしまう」という、先述のエイベックスの中前氏のコメントにあるように、欧米の壮麗な石造りの文化資源に比べて、質素で小ぶりな日本の文化資源の魅力を伝えるには、情報(解説)が必要だと考えます。 また、

Kommentit


bottom of page