検索

想定外のポスト2020

「ポスト2020」の言葉が持つ意味がすっかり変わってしましました。


FIACSの活動を通じて当初想定していたのは「ポスト東京五輪」としてオリンピック景気後の超成熟社会ニッポンにおける国際競争力は「文化力」にあり、これをを基盤にした都市開発のあり方を模索するつもりでした。

しかし新型コロナ禍を経た「ポスト2020」はこれまで「そのうちに導入したい」としてきたリモートワークやオンラインの会議や授業、診療、なんでもデリバリー、さらにはオンラインでのコンサートや飲み会までを一気に導入体験・実装させてしまいました。

さらに慶應義塾大学の安宅教授の言に従えば「ポスト2020」では「afterコロナではなwithコロナ」時代を覚悟した社会構築が必要だということになります。

これまで最も効率的であった都市の高密集住環境に対して、コロナを始めとする様々な疫病などの安全性を踏まえた「開・疎ハコレス環境」が不可欠になってくるということになります。

その結果としてテクノロジーを活用した柔軟な生活スタイルの可能性を実感するとともに、今までの生活では当たり前だった行動の見極めが急速に進むのではないかと考えます。

具体的には非接触を促進するための「キャッシュレス」はもちろんのこと、「本当に必要なリアル(会議、移動、体験)」とそれ以外、みんなと一緒・横並びなら安心ではなく「個で判断し行動する大切さ」、家と会社とそれ以外のサードプレイスという分類ではなく「家的にも会社的にも使える場所が、街のあちこちにある」等、まさにファーストリテイリングの柳井社長の言葉にある「すべての産業は情報産業かサービス産業になる」という社会変化が急加速されることになります。

IMF専務理事による「世界恐慌以来の経済危機」に直面するとの見通しに接して思考停止しているだけではなく、生き抜いていくための道筋を早急に見極めていく必要があると考えおります。

(どのような開催形態になるかは不確定ですが)6月に予定している FIACS総会に向け2020年度の事業活動を検討するにあたり、上記のような前提を踏まえた活動方針・テーマを考えたいと思います。

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務