top of page
検索

地力づくり② 美術館・博物館 シンコンセッション ⑨

【内容】

  1. コンテンツを活用したファンの拡張

  2. 「〇〇学センター」による深度化の仕組み

 

1.コンテンツを活用したファンの拡張

大型企画展で集客を図ることも重要ですが、ミュージアムの地力づくりのためには、「常設コンテンツを活かす必要があります。

鳥取県立博物館であれば「オオサンショウウオ」、(ホールですが)奈良県立文化会館であれば「反田恭平氏」などの、特化コンテンツに焦点を当て、関連した空間演出やイベント開催、商品開発で、ブランディングしていくことが有効です。

ジャンルは異なりますが、「新日本プロレス」では、人気レスラーをキャラクター化し、タオルやステッカー、マスコット人形に展開しています。

また悪役レスラーである「真壁刀義」の場合は、スイーツ好きであることを活かして、その「ギャップ」を話題化したり、その延長で女性ファッション誌に展開するなど、「コンテンツの360度活用」を図っています。

これまでの単なる「展示物」としての扱いを、「コンテンツ」として360度活用することによって、さまざまなビジネス機会が創出可能になります。

またアートや展示物と、他分野とのコラボも可能性を広げます。

アート×「グルメ、スイーツ、音楽、ダンス、キャンプ、ヨガなど」さまざまな分野とのコラボで、イベント開催や商品開発していくことで、これまで美術館・博物館に興味のなかった人たちとの接点が生まれるのではないでしょうか。

 

2.「〇〇学センター」による深度化の仕組みづくり

これまで美術館・博物館は、文化啓蒙施設として、さまざまな公開講座を開催してきました。

それは、学芸員や学識者が、一方的に市民に知識を披露する場でしかありませんでした。

もちろんこのような機会も重要ですが、一歩進めて、市民を含めて「広くヒト・モノ・情報」を集めてはどうでしょうか?

「〇〇博士ちゃん」や「〇〇の達人」のように、特定分野に関しては、その興味と好奇心から、専門家顔負けの「モノ・情報」を備えたヒトがいるものです。

「〇〇学センター」としてテーマを設定し、これに関する「ヒト・モノ・情報」を集めることによって、ミュージアムの情報が深度化すると同時に、ミュージアムに関わる人たちが増える、地域における位置付けが高まるのではないでしょうか。

そして、このスタンスでの活動継続が、地域関連企業のスポンサードのつながると考えます。

これらの方策の実施による「地力づくり」が、文化施設再生のトリガーになると考えます。

最新記事

すべて表示

今なぜ シェアオフィスを考えるのか?  シン・シェアオフィス ①

【内容】 自宅でも企業オフィスでもない仕事場の必要性 サードワークプレイス市場 シェアオフィスの可能性 1.自宅でも企業オフィスでもない仕事場の必要性 コロナ禍で普及したテレワークですが、空間面・設備面の課題から、自宅のワーキング環境では十分な生産性の確保が難しいと、実感した人も多いと思います。 とは言え、週に2〜3日の出社とテレワークとを併用する、「ハイブリッド勤務」の快適性を実感してしまったワ

駅と鉄道会社の未来 シン駅3.0 ⑩

【内容】 1. 顧客接点のさらなる活用 2. ライフスタイルの共創 3. 「共創」から「競創」へ 1.顧客接点のさらなる活用 セブンイレブンジャパンの2022年年間売り上げは約5.1兆円で、その60%をオリジナル商品が占めると言われます。 同社では、1日1300万人の顧客(POS)データを元に、単品・個店・客層別の情報を、サプライヤーとも即時共有し、商品開発や製造計画、在庫管理や受発注に活用されて

駅の進化の効用 シン駅3.0 ⑨

【内容】 1.小田急電鉄の挑戦 2.「三方よし」の必要性 3.「お客さま」から「参画者」へ 1.小田急電鉄の挑戦 小田急電鉄は、コロナ禍を経て、「社内ベンチャーの育成」に力を入れています。 「クライマー制度」という独自の社内ベンチャー制度で、社内からアイディアを募り、さまざまなプロジェクトを事業化しています。 特徴的なのは、「地域の課題解決」というスタンスで、デジタルを活用して、鉄道とは直接関係の

Σχόλια


bottom of page