top of page
検索

共感人口 ⑧ 街をシェアすると言う発想

自分の最適な状況で暮らし活動するという共感人口と、相性が良い仕組みが「シェア」と言う発想で、「シェアビレッジ」というプロジェクトが参考になると考えます。シェアビレッジは秋田県五城目町の集落にある築130年超の茅葺古民家を舞台に「村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができる」という考えで、再生しようというものです。この古民家は茅葺写真集や JRのポスターにも使われた立派な家でしたが、茅葺の維持費休む人がいない事から、解体も検討されていました。武田昌大さんたちを中心に、消滅の危機にある古民家を村に見立てて再生させ、多くの人で一つの家を支える仕組みで、全国の古民家を村に変えながら、「100万人の村」を作ることを目指しています。「年貢」と呼ばれる年会費3000円を古民家維持に当てながら、村民(会員)はいつでも自分の村(古民家)に行き、宿泊して現地の暮らしを体験できます。春にはお花見、夏には蛍鑑賞、秋には紅葉狩り、冬には囲炉裏で鍋を囲む。茅葺を葺き替えたり、敷地内の畑を開墾したり、年に一度のお祭り「一揆」というフェスも開催されます。いつ行っても楽しめるように村では様々な企画を用意され、2000人を超える村民を集めています。「せっかく村民になっても、遠くて年に何度も出かけられない」という村民のために、村役場的スポット「おむすびスタンド:ANDON」が東京日本橋に開業し、毎週末に村民が集える「プチ寄り合い」が開催され、シェアビレッジの近況や年貢の更新などができるようになっています。

人口減少率全国一位の秋田県は、このままでは100年以内に人口ゼロになると言われています。秋田県五城目町の「シェアビレッジ町村」の取り組みにより、オープンから一年の間に、シェアビレッジをきっかけに移住者が20人まで増え、人口減少という課題についても、解決の糸口になり始めています。2016年には、香川県三豊市・仁尾地区に第二の村が誕生しています。

自分が応援したい「村」を全国に複数シェアし、状況に応じて移動しながら、創造性の高い活動を続ける共感人口のライフスタイルが可能になるかもしれません。


最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page