検索

マーケットプレイスから「コンテンツプレイス」へ④ コンテンツプレイスの考え方

オンライン1stを前提にコンテンツプレイスを検討するための前提や背景がいくつかあります。まず日本の業種別EC化率(BtoC)を見てみると、書籍・音楽(43%)、家電(37%)や生活雑貨・家具(26%)など高い分野もありますが、「食品は3%強」に止まっています。従来から指摘されるように「食品」は消費期限や配送コストの問題からEC化しにくい分野と推察され、全体EC化率が20%を超える米国や中国でも「食品」は3%程度に止まっています。ファッション(19%)やコスメ(6%)などの分野は今後ますます ECにシフトすると予想される中、リアル商業は「飲食店と合わせて食+α」を集客核として構成すべきだと考えます。一方でショールーミングが常態化している生活家電・AV機器や、 D2 Cメーカーの台頭が著しい衣料品・身の回り品の分野では、本格的なオンライン連携を対応していく必要があります。また生活者の視点で見るとネット通販は便利な反面、情報が平坦で選択肢が多すぎ「ネットでの選択疲れ」も顕在化し始めています。そして何より「ずっと家に篭りきりというのも息が詰まる」ため、「外出する口実」を求めているも現実なようです。

これらの認識を基に①食のコンテンツ化②D2Cコンテンツモール③セレクト量販店④ソシオコミュニティ⑤ワーク&ライフMIX などを提案します。

またコンテンツプレイスは、リアルにおける集客・量を求めるのでなく、オンライン1stで共有情報の「質」を高め、ネット上でファンを育み価値化する戦略です。交通利便性や高い容積率を追求するだけでなく「世界観とストーリー価値」が重視されるようになります。事例としては10階建ての近代的なビルから、自然素材をふんだんに使用した4階建ての社屋に建て替えられた赤坂離宮前の「虎屋本店」や、飯田橋から所沢に本社を移転し、本棚劇場などの文化施設を含む「ところざわサクラタウン」を開発したKADOKAWAがベンチマークとなります。それぞれ自社のDNAを踏まえ、将来に向けたサスティナビリティを考えた上で、強みに磨きをかける選択だといえます。東京大学の小泉先生が指摘される「これからは真実性(相応しさ)と歴史性(サスティナビリティ)とが重視されるようになる」の好例で、「世界観とストーリー」を纏ったリアル環境をショールームのように生かしてオンライン上でファン(=経済価値)を獲得していくわけです。コンテンツプレイスの設えとして、「神社」が持つ①由来②境内・参道③祭りの三点セットの見立てが参考になると考えます。

  1. 由来:立地(自然、歴史など)或いは事業者の DNAを踏まえた「想いとストーリー」

  2. 境内・参道:ファンが共感体験を味わえる「配置と設え」

  3. 祭り:今ここに来るべき機会やファンの拡張機会などの「定期プログラム」

リアル環境における「聖地化」を念頭に以降で5つのコンテンツプレイス事業を検討します。


最新記事

すべて表示

街ぎわプレイスの現状を確認してみると、街なかの幹線道路では電線地中化により、電柱がない場所が増えました。歩道は広くなり舗装材も新しくなり、街路樹も立派になりました。確かに街並みは綺麗になったと言えます。 オフィスビルの1階には、午後3時には営業を取りやめ、賑わいを阻害するとされた銀行ではなく、洒落たカフェなどの店舗が入居するようになりました。広場や駅前にはパブリックアートもふえました。無粋と言われ

コロナ禍を経てオンライン1stが浸透し、どこにでも住め、どこででも働ける時代になりました。必然的にわざわざ移動して集まる価値と理由が問われます。リアルな都市の価値が問われているのです。技術革新が進む中で収益の2割以上を新規事業が占める企業が増え、オフィスは単に集まって事務作業する場ではなく、出会い・交流し・イノベーションを生み出す場としての役割が求められるようになっています。都市産業論でこれまでも

オンライン1stの顧客接点として非常に可能性を持つのが「鉄道駅(駅ビル)」です。世界一のターミナルと言われる新宿駅の1日の乗降客数は300万人を超え、これを顧客接点と捉えると、年間1000万人を集める商業施設と比較しても圧倒的な接点数になります。 コロナ禍前の調査ですがJR東日本全体で1日あたり1663万人(日本マーケティング研究所2015年)となり、セブンイレブン全店客数1509万人を上回ってい