検索

ニッポン・シアター⑧ ハイブリッド公演シアター

ライブ・エンタメ市場が急落した反面、2020年度の有料型オンラインライブ市場は448億円(ぴあ総研)と急拡大しています。韓国の Beyond ライブを皮切りに、著名アーティストにより各地で開催された「オンライン有料ライブ」ですが、まだまだ試行錯誤の部分はあるものの、収益性を含めて新しい事業の可能性を感じさせます。(iU学長 中村伊知哉氏) 東新宿で復活した「日清パワーステーション REBOOT」は、無観客配信専門ライブハウスとして進化を遂げ、投げ銭システムのウルトラチアーなどが施されています。今後はさらにレベルの高いインタラクション体験や臨場感の演出・工夫が生まれそうです。次世代のエンタメ機能を想定すると、オンライン公演とリアル公演とを組み合わせた、ハイブリッド公演に可能性を感じます。低料金で気軽にどこからでも視聴できるマス対応(数千円の公演視聴料)のオンライン公演と、パフォーマンス前後にアーティストと間近での対話やフォトセッションなど、希少性のあるプレミアム体験(〜数十万円の入場料)を付加した、リアル公演とを組み合わせた「ハイブリッド公演」です。分野は異なりますが世界配信され、スーパープレゼンテーションとして有名な「TED カンファレンス」の参加料金は、年々上昇し近年では100万円を超えています。単にリアル講演を間近で観られるだけでなく、アフタートークの身近なやり取りや、様々な関連体験会・交流イベントなどがインセンティブになっているようです。

音楽、演劇、アート、教育などほとんどのエンタメ(コンテンツ)機能は顧客(ファン、生徒)と継続的な関係を保っています。この関係性をオンライン上でのリレーションとして強化していくことが、今後は一層重要になると考えます。ファンはオンラインだからこそ、時間や場所の制約なしに準備体験を蓄積していけます。提供側はオンラインだから可能なコンテンツ(例えば普段は見ることのできないステージバックや制作プロセス)や、キャスティング(例えば移動時間の制約がなく自由度高く出演して貰える著名人)によって、予行演習効果が考えられます。事前のオンライン・リレーションにより、ファンはコンテンツへの理解を深め・洗練され(=客単価アップ)、リアル体験への期待を高めていく構造です。

最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務