検索

ニッポン・シアター⑥ お城シアター

ある女優さんが「着物を着るようになると、着物姿が似合う場所に出かけたくなります」とコメントされていました。単に和室の中だけでなく、着物を着て歩くとなるとそんな場所は、東京の都心では浅草寺界隈以外にすぐに思い浮かびません。「着物の楽しめる街づくり」という視点で街の中心にあるお城を活用してはどうでしょうか。日本各地で主要な観光スポットとして整備されているお城ですが、ほとんどの場合は天守閣内部の歴史史料展示を見ながら、最上階まで登って街を見下ろせば、それ以外にすることがない状況です。しかも周辺のビルの方が高層になり、天守閣を見下ろしていたりして、リピーターを望むことは困難です。このお城に能や歌舞伎を演目(場合によっては忍者ショーもあり?)にした「伝統芸能シアター」を中心に、茶道や華道を楽しめる施設を付帯させていくのです。着物姿で半日過ごせ、日本文化を総合的に体験できる「お城シアター」が街の中心に出来上がります。最近人気の「お城宿泊」もあるとインバウンド観光の拠点になると考えます。年間100万人以上を集めた「大江戸温泉物語」は単に温浴を楽しむだけでなく、浴衣姿で縁日ショップを巡る非日常感や開放感が人気の秘密であったと推察します。

和室や畳がなくなり、素足で畳を踏んだ時の気持ち良さや、寝転がった時の開放感やイグサの匂いを忘れ、正座ができなくなった人が増えたといいます。日々の生活で体感していたものが消えてしまった現代都市において、「和スタイル」でゆっくり過ごせる「お城シアター」は非常に貴重な観光資源であると同時に、市民の文化学習の場になるのではないでしょうか。


最新記事

すべて表示

共感人口の参考になる関係人口の創出方策については、明治大学の小田切徳美教授によって「人」、「場」、「仕組み」の観点から整理されています。 「人」は地域の人と関係人口を結びつける役割を果たす「関係案内人」や中間支援組織等のことで、拠点の場所に関わらず都市側及び地方側の両方の視点を持ち、地域を客観的な視点でみることが可能な人であり、偶発性を装いながら必然性をデザインする場の「編集人」とされています。関

共感人口の参考例として関係人口の規模感について整理します。2021年にブランド総研が行った関係人口の意識調査によると、都道府県で最も関係人口が多いのは福島県で1229 万人となりました。これは福島県の居住人口(約 182 万人)の 6.8 倍にあたります。次いで沖縄県の 950 万人、北海道の 756 万人と続きます。この調査では関係人口は大きく 2 つの層から構成されると定義されています。ひとつ

都市における「共感人口」を検討するために、そもそもの関係人口の定義や規模感、創出施策を整理します。 関係人口とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、「地域や地域の人々と多様に関わる人達(人口)」を指します。2016年に雑誌「ソトコト」編集長の指出一正著「ぼくらは地方で幸せを見つける」、2017年の田中輝美著「関係人口をつくる」などで提唱された概念です。2017年には総務