top of page
検索

シン地方創生による「四方・良し」 シン地方創生 ⑨

【内容】

1.地方・良し

2.東京のシニア・良し

3.東京の会社・良し

4.東京の子育て・良し



1.地方・良し

魅力的な観光資源を持つ場所を除けば、人口が1万人以下で、衰退の一途を辿る「地方」では、自立できる経済基盤が築くことは困難です。

東京と連携したサブシステムをきっかけにして、継続的に関係人口を創出・拡大する仕組みができれば、最低限の都市サービスを維持できると共に、地域に参加する「新しい目」が、地域の魅力を再発見・編集・発信してくれるかも知れません。

「人」は他者(特に異性)の視線を意識することで、改めて身だしなみに気を使うようになると言われます。

「地方」も同様で、新しい目に晒されることを通じて、自分たちの日常を見直し、「身だしなみを整える意識」が芽生えるのではないでしょうか?

東京と連携したサブシステムによる地方創生は、ゴールではなく、スタートなのです。


2.東京のシニア・良し

大量退職時代を迎える社会になって、定年後の数十年を、東京郊外の住宅地で過ごしてしまって大丈夫でしょうか?

それよりもワープステイなどを活用することによって、5年ごとに、農村や漁村などに移り住み、新しいライフスタイルで暮らした方が、素敵ではないでしょうか。

新しい環境と人間関係の中で、心機一転して、無理のない範囲で生業をしながら、暮らし直した方が、充実した人生になるではないでしょうか?

おそらく、その方が子供や孫たちも、「新しい帰省先」として、喜んで遊びに来てくれます。


3.東京の企業・良し

若者が企業に求める価値は、「収入」だけでなく、どれだけ自分に「成長機会」を提供してくれるかにもあるようです。

東京のビル群の中でオフィスワークをしているだけでなく、地方と連携することで、地域課題に取り組みながら、自然や伝統文化に触れることが、大切な成長機会になってくるのではないでしょうか?


4.東京の子育て・良し

地方の10代20代の若者が東京を目指し、東京に住むようになると、ヒト世代すぎると、東京が生まれ故郷という人ばかりになってしまいます。

東京の人工的な環境での体験と、受験偏重の教育制度で育った子供たちに、どんな未来が開けるのでしょうか?

野村不動産は、マンションの共同施設として、つくばに「茅葺の郷」を持つという試みをしています。

都市と地方とが「対になる」ことによって、生活に潤いとハリが生まれると素敵だと考えます。

「地方留学」を体験し、生きる力を養い、成長することを通じて、その場所が「新しい故郷」として記憶に刻まれると、その子の人生が豊かになります。

海士町の「島親さん」のように、新しい関係の「おじいちゃん」や「おばあちゃん」が生まれるかも知れません。

都会での暮らし、もっというと「都市人生」を豊かに拡げるサブシステムとして、地方創生を考えるべきだと考えます。

最新記事

すべて表示

「健康」を取り巻く環境 健康経営ビル ②

【内容】 健康日本21の試み 健康に関するデータ・エビデンスの提供 「健康経営」と言う知恵 1.健康日本21の試み 健康づくりに関する国の動きは、まず厚労省から始まりました。 2000年に入り、厚労省が、「21世紀における国民健康づくり運動(通称:健康日本21)」を策定しました。 これは、急速な高齢化の進行と、痴呆や寝たきりになる人たちの増加を予想して、「介護保険制度」のスタートに合わせて作られた

今 なぜ「健康経営ビルディング」なのか? 健康経営ビル ①

【内容】 「健康づくり」を唱えるけれど。。。 健康意識の低い日本人 「健康経営」への関心を活かした都市開発 1.「健康づくり」を唱えるけれど。。。 個人的な関心だけでなく、「社会的な課題としての健康」が、意識されるようになって久しいと思います。 超高齢社会が進行し、医療・介護などの社会保障費が膨らみ続け、2025年には65兆円に及ぶと予想されています。 このまま膨張を続ければ早晩、財政が破綻する事

コミュニティの「ミライ」 共創から競創へ ⑩

【内容】 1.コミュニティから「ソシオ」へ 2.ソシオ・キャピタル 3.バーチャル・ソシオ 1.コミュニティから「ソシオ」へ ソシオとは、FCバルセロナなどの「ソシオ」が有名ですが、ファンから一歩進めた株主的な参画者を意味します。 ここではソシオを単なるユーザー(消費者)としてだけではなく、「共創プレイヤーの立場でもコミットする:ファンの進化形」と定義します。 大手食品メーカー「カゴメ」は、株主1

Komen


bottom of page