top of page
検索

サードプレイスの効用:日本型サードプレイスの提案 ⑤

【内容】

  1. 個人にとっての効用

  2. 街と社会にとっての効用


サードプレイスがある効用とは何でしょうか?

ここでは、「個人」と「街と社会」にとっての効用を整理します。


1.個人にとっての効用


1.新しいコミュニティへの所属

サードプレイスでは、新しいコミュニティを構築でき、ファーストプレイスやセカンドプレイスにはない関係性が生まれます。新たな所属が、日常における待避場所となり、生活の満足度が高まります。


2.新しい価値観との出会い

サードプレイスには、様々な属性をもった人たちが集まります。従って家庭や職場では、出会うことのない人と交流することが可能です。異なる価値観を持った人と交流することで、いままで考えたことのなかったアイディアに触れることができ、新たな価値観を獲得する機会になります。


 3.自分を高める機会

サードプレイスでは、職場や学校のように、誰かから「学習、訓練しなさい」と強要されないため、全ての行動は自分自身の判断に基づきます。

「人からやらされる事」には、熱意をもって取り組むのは、難しいですが、自らの意思で行動するサードプレイスでは、自分を高めるというモチベーションが育まれます。


4.生き甲斐と健康増進

自分の居場所としてのサードプレイスへの活動参加は、生き甲斐につながります。

そしてサードプレイスへの日常的な立ち寄りは、(高齢者を含む)外出促進を通じた健康増進にも寄与します。


5.街への愛着と誇り

新しいコミュニティ、交流拠点が、街なかに生まれる事によって、その街に対する愛着が高まります。我が街としての愛着と誇りは、自らの自尊マインドに繋がり、幸福度・クオリティ・オブ・ライフが向上します。


2.街と社会にとっての効用


1.安全安心で住みやすい街

街なかに、サードプレイスが点在し、そこに通う人たちの外出、街歩きが促されると、お互いに顔がわかり、見守り合えます。一連のプロセスを通じて、安全安心で住みやすい街づくりにつながります。


2.関係人口の増大

サードプレイスに関連して、①コト(歴史・文化・地域資源など)への関心から、地域に関与するケースと、②ヒト(知り合い、出会い)から地域に関心を持つケース、の2つ経路で地域との接点が想定され、地域の関係人口の増大機会につながります。


3.地域密着人口の活用

公共政策学が専門の広井良典氏は、子どもと共に高齢者を「地域密着人口」と定義しています。現役世代とは異なり、時間的な自由を持ち、地域との関わりが多い、地域密着人口の活用が、地域活性化につながるのではないでしょうか。

サードプレイスを通じて、高齢者「を」地域で支えるのではなく、高齢者「が」地域を支える社会へ、と言う展開も可能だと考えます。


4.社会的コストの軽減

サードプレイスに関連した様々な活動が、防犯、福祉、健康、子育てなどの多彩な分野への、市民の参画機会になり、共助マインドの向上に伴い、社会的コストの軽減につながります。


これまで住む、働くという機能・サービスを享受する立場だった人たちが、サードプレイスに関連した活動を通じて、街に関与・参画する立場ことで、WIN- WINの新たな社会価値が生まれそうです。


最新記事

すべて表示

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

基本スタンスと方針 シン・文化観光 ⑥

【内容】 これまでの論点整理 観光における提供価値 文化観光の三層構造 1.これまでの論点整理 インバウンドも復活する中で、日本の観光振興を考える際に、「物足りなさ」を補う工夫が必要ではないか?政府が力を入れる「文化観光」では、なおさら「文脈」を含めて理解を促す仕組みが必要。 ツーリズムの変遷を振り返ると、日本人の「旅好き」が浮かび上がるとともに、「マスツーリズム」から「ニューツーリズム」と経て、

文化観光の課題 シン・文化観光 ⑤

【内容】 日本文化を提供する視点 体験プログラムでは稼げない 総合的な体験サービスの提供主体 1.日本文化を提供する視点 「日本文化は、目に見える部分だけでなく、その文脈の説明を補足しなければ、チープに見えてしまう」という、先述のエイベックスの中前氏のコメントにあるように、欧米の壮麗な石造りの文化資源に比べて、質素で小ぶりな日本の文化資源の魅力を伝えるには、情報(解説)が必要だと考えます。 また、

تعليقات


bottom of page