top of page
検索

コンセプト再考 ⑧ アクティビティと MD・施設レイヤー

街ぎわプレイスを検討する際の基本になるのが、「第1レイヤー:ユーザー・アクティビティ」です。住宅街や商業地など目指すべき街のイメージに対応して、求めるアクティビティも変わります。私たちが検討する「都心部の複合都市開発」で多いのが、クリエイティビティです。具体化するために【クリエイティブ=脳の活性化】と定義すると、【混在、交流、刺激】を促すアクティビティが有効だと推察されます。例示すると、ネクタイを締めた男性だけでなく、女性はもちろん、子供やお年寄りなどの「異世代」や、アーティストや独立店主など「異業種」に至る多様な人たちの【混在】が挙げられます。【交流】ではランチやお茶を介したカジュアルな語らいや、肩書きを外しお酒や音楽に酔いしれるなどが例示できます。さらに【刺激】としてはトレンド発信や文化活動などの「非日常的刺激」もありますし、オフィスワークとは関係のない子連れの買い物客などの「日常的刺激」も有効なアクティビティとして想定されます。

そして何よりも街ぎわプレイスで、【滞留】するアクティビティが求められるのです。都市計画家のヤン・ゲールが「良い街には、歩く人以外の人たちが多い」と指摘しています。日本ではなかなか見られませんが、欧州の広場や街路に屯し、語らい、人々が歌い踊る情景ではないでしょうか。

第1レイヤーの方向性が定まると、それを実現・支援していくための、「第2レイヤーM D・施設サービス」が明らかになってきます。日常的情景を生み出すための食品スーパーをはじめとした各種商業施設の整備や、異世代の混在を促すための子育て・シニア施設、異業種混在のための工房やスタジオなどの創作スペース、様々な交流を生み出すためのカフェテラス・ダイニングやクラブ、ライブハウスなどが想定されます。もちろん一箇所で全てを揃える必要はなく、エリアで分担して整備することも可能です。

このように設定していくと、街ぎわプレイスのイメージはかなり明確になってくるのではないでしょうか?公開空地の活用の仕方や街路沿いの店舗区画のあり方が、非常に重要になってくることが理解できると思います。これらを建築設計の与件として提示するのです。

最新記事

すべて表示

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

基本スタンスと方針 シン・文化観光 ⑥

【内容】 これまでの論点整理 観光における提供価値 文化観光の三層構造 1.これまでの論点整理 インバウンドも復活する中で、日本の観光振興を考える際に、「物足りなさ」を補う工夫が必要ではないか?政府が力を入れる「文化観光」では、なおさら「文脈」を含めて理解を促す仕組みが必要。 ツーリズムの変遷を振り返ると、日本人の「旅好き」が浮かび上がるとともに、「マスツーリズム」から「ニューツーリズム」と経て、

文化観光の課題 シン・文化観光 ⑤

【内容】 日本文化を提供する視点 体験プログラムでは稼げない 総合的な体験サービスの提供主体 1.日本文化を提供する視点 「日本文化は、目に見える部分だけでなく、その文脈の説明を補足しなければ、チープに見えてしまう」という、先述のエイベックスの中前氏のコメントにあるように、欧米の壮麗な石造りの文化資源に比べて、質素で小ぶりな日本の文化資源の魅力を伝えるには、情報(解説)が必要だと考えます。 また、

Comments


bottom of page