検索

Beyond コロナ8 コロナショックの正体

1.失われた30年?

工業化社会の優等生であった日本は1990年付近を頂点に平成の30年間、凋落し続けてきました。

「一人当たり GDPは9位から26位へ」「企業の時価評価額ベスト10は7社から0社へ」「IMD発表の国際競争力は1位から34位へ(これは香港、台湾、中国、韓国はもちろん27位のマレーシアや29位のタイよりも低い順位)」といった状況です。

もはや先進国という認識を改めるべきなのですが、過去の成功体験からどうしても抜け出せないのが実情ではないでしょうか。

2.トリガーとしてのコロナショックを超えて

コロナショックとは、日本社会がそれ以前から長期停滞に陥っていた様々な懸案事項が一気に顕在化した状況だと言えます。

もちろん今回の特殊事情敏江「インバウンドの蒸発」と「イベント活動の停止」などがありますが、主因はこれまでさkじおくりしてきたリモートワークやEコマースへの変革促進であり。

これは私たちが主体的に対応していくことが可能です。

私たちが今なすべきことは元に戻るのを願うのではなく、ジッと我慢するのではなく、前へ踏み出すことです。

3.都市文明へのアンチテーゼ

コロナショックに伴う「人との接触制限」は私たちの都市文明に強烈なアンチテーゼを突きつけました。

より大きく、より早く、より多様なヒト、モノ、情報の集積が都市文明の正義・原則とされてきました。

この原則を元に東京は2500万人という世界最大の都市圏を形成し、さらにリニア新幹線により名古屋圏をも飲み込もうと構想してきました。

タワーマンションによる都心回帰、駅を中心としたTOD(公共交通中心型)開発戦略、インバウンド6000万人を目指す観光大国戦略、MICE戦略、ナイトタイムエコノミーを含むエンタテイメントシティ戦略、グローバル人材を集めることによるクリエイティブシティ戦略などなど これまで都市の成長戦略として描かれてきた施策がことごとく疑問視されル事になっています。

ペストやコレラの大流行がきっかけで下水道システムや田園都市が生まれたように、2020年は都市史に残る「年」になるのだと考えます。

仏教における「空の思想」には「すべてのモノは、他との関係性の中で形成される。

普遍的な実在など存在しない」とされており、人は人との関わりの中で生きる実感を得てきました。

生物学的には社会性こそが人類の生存戦略であると言われてきました。

「都:集積した富の分配拠点」と「市:富の集積・交流の仕組み」という文字が表す通り、「都市」こそ人間の生存戦略のプラットフォームとして形成・進化してきたのです。

都市の進化は人類の最大多数の価値観の進化そのものなのです。

Beyondコロナへ向けて都市は「幸福最大化のための最適社会システム」として、根本から考え直す必要があるのです。

最新記事

すべて表示

コミュニティを育むリアルな「都市(まち)」FIACS常務理事 小林洋志

今年2月に発刊されたFIACSの2冊目の単行本、「beyondeコロナの都市づくり」には、「Socio Ecological Development(SED)」という副題がある。 直訳は「社会生態学的な開発」だが、この副題には、これからの時代、自然の生態系と人間の社会システムを不可分な社会生態系としてとらえ、持続可能な都市づくりを目指すべきだとの意味を込めている。昨今、頻繁に目にするSDGsや、E

「リアル×バーチャルの新たな世界」 吉美

このままコロナ禍を経て、バーチャル中心の世界になったらと心配する人が多い。幼い頃テレビでみた烏賊みたいな火星人のように知的生物の成れの果てのように進化してしまうのではと。(笑) 映画やドラマの聖地巡礼が流行っているがあれはバーチャルを求めに行っているのか、リアルを求めに行っているのか。 バーチャルだけだと空虚感が出てしまい、リアルだけだと閉塞感が出てしまう。人は既にその欠点に気がついて、「ミックス

「コロナ禍を経たリアルな街の強みと可能性」  株式会社KADOKAWA・2021年室エグゼクティブプロデューサー 一般社団法人メタ観光推進機構理事玉置泰紀

ところざわサクラタウンの強運と必然性 昨年7月にオープン予定だった、埼玉県所沢市にKADOKAWAが作った新本社、ところざわサクラタウンは、新型コロナ感染症が直撃し、グランドオープンは11月6日にずれこんだ。本来はロジスティック・物流の拠点であり、印刷工場だったのが、いつしか、新本社になり、美術館と博物館、図書館をハイブリッドした角川武蔵野ミュージアム、大小のホールであるジャパンパビリオン、EJア