検索

グランドレベル革命 ② 街ぎわプレイスの現状

街ぎわプレイスの現状を確認してみると、街なかの幹線道路では電線地中化により、電柱がない場所が増えました。歩道は広くなり舗装材も新しくなり、街路樹も立派になりました。確かに街並みは綺麗になったと言えます。

オフィスビルの1階には、午後3時には営業を取りやめ、賑わいを阻害するとされた銀行ではなく、洒落たカフェなどの店舗が入居するようになりました。広場や駅前にはパブリックアートもふえました。無粋と言われた工事現場の仮囲いもデザインされるようになりました。街並みは美しくなったのですが、その反面、道端の屋台はそのほとんどが取り締まられて姿を消してしまいました。路上ライブ・ストリートダンスや大道芸などのパフォーマンス行為は規制の対象となり、予め設定されたスペースでのみ可能になっています。ボール遊びについては、路上はもちろん公園でも禁止されることが増えました。このように、どんどん締め付けが厳しくなり、飲食やスポーツはお金を払って消費者の役割を果たさなければ、街なかでは過ごせなくなってきています。高層ビルに付帯する公開空地は原則的に営業行為が規制される為、人が佇むことなく、殺風景になってしまっています。

いつの間にか公共スペースにおいて様々な禁止事項を課されることに違和感を覚えなくなり、都市では消費に依存したライフスタイルを従順に受け入れるようになっています。都市計画家のヤン・ゲールが「良い街には、歩いていない人が、溢れている」と言う知見を述べていますが、私たちの公共スペースは、かえって不自由になっているのではないでしょうか。

日本人はルールが定められると、それに従いながら工夫を重ねる反面、敢えてルールをはみ出したり新たなルールを作ったりする事が苦手なようです。さらに言うと自分が我慢しているルールに関しては「自粛警察」のように、他人にも強要する圧力をかけようとします。

一方でコロナ禍により密状態が敬遠され、外部空間活用への関心が高まりました。行政では公共空間の有効利用に向け、公園・水辺などの民間運営が促進される潮流が顕著になっています。道路行政においてもMaaS &自動運転を睨み、駅前広場を含む道路活用が検討され始めました。これまで「官」「民」それぞれの領域の中で、独自の論理で利用されてきた街ぎわプレイスを再編成する必要があるようです。


最新記事

すべて表示

これまで郊外都市は都心ワーカーにとって、基本的に眠る&休日だけの役割の街でした。働く場と遊ぶ場は都心にあり、その間を往復しながら使い分けしていたのです。ディナーレストランや高級専門店は都心にしかなく、郊外ではランチ対応のチェーンレストランとロードサイドの量販店で我慢するしかありませんでした。この図式が大きく変わります。大人が郊外で過ごす時間が増えるにつれ、多彩な都市型サービス施設へのニーズが高まる

コロナ禍を経て最も「街づくりニーズ」の高まるのは郊外部(郊外都市駅前)になると考えます。これまでは通勤の中継地としか認識されず、都心へ「〇〇分」という時間距離でしか評価されませんでしたが、テレワークの定着しつつある社会では、会社ファーストの立地評価ではなく、生活ファーストで「街が生活舞台」という認識が高まるのではないでしょうか。同時に「どこに住むのか?」の自由度が高まる社会でもあり、人口減少社会に

コロナ禍に伴い住宅選びにおける、都心への通勤条件が大幅に緩和されました。2022年現在もフルリモートは少ないものの、会社への出社は週2−3日というハイブリッド勤務が定着してきました。 これまで居住エリアの選定は、会社への通勤時間を基準にしていただけに、本当にワーク・ライフバランスを考慮できるようになったわけです。「どこででも働け、どこにでも住める時代」になりつつあります。この価値シフトはこれまでの