top of page
検索

アート街づくり ⑧ 方策⑴ アート・イン施策

アート・イン施策は、「アーティスト・イン・レジデンス(以下 AIR)」などの手法を通じて、地域の人たちが、自分語りを基点に、他人、街への「心の基礎体力づくり」を広げていく施策です。


【内容】

  1. AIRの意義と効用

  2. AIRの精神的な付加価値

  3. 多様な人生の活動舞台としての街づくり



1.AIR の意義と効用

廃校などを活用し、街なかにアーティストの拠点を提供するAIRが盛んで、2022年には全国85カ所で実施されています。

AIR とは、滞在するアーティストが、街をリサーチ・解釈するプロセスを踏まえて、アート作品として、カタチにして貰う活動です。

別府市では、「別府現代芸術フェスティバル」を2009年に開催して以降、 継続的なAIR活動を通じて、100人を超えるアーティストやクリエイターが移住しました。これまで関わりのなかった施設や分野にもつながりができ、自治体の情報発信や中小企業の課題解決に関わる事例が増えてきていると言います。


2.AIRの精神的な付加価値

移住促進や発信支援などの物理的な付加価値に加えて、アーティストという「異質を孕む」ことで、その生き様に刺激を受け、感化・覚醒した精神で、生きる意味などを考える機会、も重要です。

そしてそれ以上に、アーティストによるリサーチやヒヤリングを通じて、地域の人たちが「自分を語る」ことが重要なのでは無いでしょうか。

自分の生い立ち、人生の山や谷、出逢った人々、この街との関わりなどを、自分の言葉で語ることは、自分の人生と価値観を一覧し、様々な気づきを得る機会になります。

これは自分自身の内省を通じて「心の基礎体力」を高める手法と言えます。

そしてこの「心の基礎体力」によって、様々な人たちの人生を昇華させた、統合体となるアート作品から、他の人の人生と価値観も一覧し、共有する事になると考えます。

このプロセスを経て、多彩な人生に対する感情移入・共感と、多様性をメタ認知できる視点を持つことが、AIRの精神的な付加価値なのです。


3.多様な人生の活動舞台としての街づくり

AIRに伴う内省によって「心の基礎体力」が高まり、日常的・表層的ではない視点が、自分の周辺や街に向けられると、様々な人生が複層的に寄り合う舞台としての「街」を実感できるようになります。

このプロセスを経て、自分の人生に自信を持ち、自分の街・コミュニティに対しても、愛着と誇らしさを実感する事になると考えます。

AIR の他には、北海道の東川町で開催される「写真甲子園」なども、同様の効用が想定されます。

アート・イン施策は、アーティストなど異質な存在との対話を通じて、内省機会を持った地域の人たちが覚醒し、周囲の人たちやコミュニティに関心を寄せ、活性化していく街づくり活動と言えます。


最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page