top of page
検索

まちづくりとコミュニティ 共創から競創へ ④

【内容】

  1. まちづくりと同義語

  2. コミュニティ参画のメリット

  3. まちづくりのゴール

1.まちづくりと同義語

先述したように、日本においては政府報告書「コミュニティ:生活の場における人間性の回復(1969)」において「村落共同体ではなく、新しい地域をまとめるための概念としてのコミュニティ」が記載されることにはじまります。

同じ頃にひらがなの「まちづくり」も提唱されはじめます。

日本屈指の地域政策プランナーの田村明氏によると、「まちづくり」とは、下記のように定義されています。

「まちづくりとは、一定の地域に住む人々が、自分たちの生活を支え、便利に、より人間らしくしていくための、共同の場を如何に作るかということである。」(1987年「まちづくりの発想」岩波書店)

この他、様々な有識者が、複数の視点で表現していますが、簡単にまとめると「身近な居住環境を改善」し、「地域の魅力や活力を高める」ことと言えます。

「まちづくり」と「コミュニティ」はほとんど同じ意味で用いられたと言えます。

2.コミュニティ参画のメリット

コミュニティは地域にとってはセーフティネットと上位システムとの橋渡し機能を担い、広い意味で財政負担の軽減につながります。

そしてコミュニティへの参画者のメリットは下記のように整理できます。

  1. 情報収集と知識の広がり:一人では気付かない視点や問題解決、さらには知識の広がりに繋がります。

  2. コネクションの形成:知人が増え、人間関係が広がることで、時に仕事につながります。

  3.  共有と承認欲求の充足:自分の考えを共有できる喜びや、人に知って貰い評価されることで、承認欲求が満たされます。

  4. 立ち位置の確認:仕事や金銭が絡まないフラットな人間関係の中で、経験も知識も異なる仲間と交流することで、自己発見や発奮材料になります。

  5. 参画による「創造」の喜び:自分の参加によって場を活気づけたり、積極的に運営に参画することによって「コミュニティという場」を想像する喜びにつながります。

参画者には、家庭でも会社でもない、「第3の居場所(サードプレイス)」を提供し、仕事とは異なる人間関係を経た安心感と充実感をもたらしているようです。

3.まちづくりのゴール

これだけ曖昧な「まちづくり」ですから、プロジェクトとして推進する時には、迷走してしまう事が多いようです。

  1. 方向性の迷走:「まちづくり」の観点が、十人十色で、まとまらない。

曖昧な「まちづくり」は、それぞれの観点で語られてしまい、何を目指せば良いのか?が噛み合いません。

土地活用の観点では、「如何に、地域を有効・高度に活用できるのか?」が論点になります。

防災や子育ての観点では、「如何に、地域の安全・安心を守れるのか?」となります。

観光や産業振興の観点では、「如何に、地域の資源を活用して、外貨を稼げるのか?」です。

それぞれの観点によって、「まちづくり」で目指すべきゴールが異なり、方向性が定まらずに迷走するのです。

  1. 施策の迷走:「まちづくり」の為には、何を(WHAT)? どうするのか(HOW)?が不明確です。

まちづくりのゴールが曖昧なため、マンションやオフィスを建てて、住む人や働く人を増やすことを優先すべきなのか? 

イベントを開催して、来街者を増やし賑わいつくるできなのか? 

その手段と狙うべき効果も不明確になってしまいます。

何を?どう?すれば良いのか?「まちづくり」の施策が迷走します。

社会が成熟するにつれて、マズローの5段階欲求と比例して、「まちづくり」は難解になっていくのではないでしょうか?

まちづくりを推進していく際には、「ゴールの設定・共有」と、それに伴う「施策の特定」が重要だということです。

最新記事

すべて表示

研究会での知見 健康経営ビル ④

【内容】 「オフィス」レベルの知見 「建物」レベルの知見 「街レベル」の知見 これらの前提・論点を元に、「オフィスレベル、建築レベル、街レベル」の3回の研究会を実施し、下記のような知見を得ました。 1.「オフィス」レベル:イトーキ株式会社執行役員 八木佳子氏 八木氏は、「健康経営」研究の延長として、経産省のプロジェクトとして岡田邦夫先生と協力して「健康経営オフィス」を研究・提案されて来ました。 「

基本視点 健康経営ビル ③

【内容】 既存指標のレビユー 経営者目線の重要性 健康経営ビルディングの視点 類例サービスの確認 1.既存指標のレビュー 健康や環境に配慮した建築物の認証制度として、「CASBEE」と「LEED認証」「WELL認証があります。 CASBEE:認証:2001年に国交省が主導し設置された委員会によって開発された、建築物の環境性能評価システムです。 利用者の快適性を満たしつつ、ランニングコストの無駄や地

「健康」を取り巻く環境 健康経営ビル ②

【内容】 健康日本21の試み 健康に関するデータ・エビデンスの提供 「健康経営」と言う知恵 1.健康日本21の試み 健康づくりに関する国の動きは、まず厚労省から始まりました。 2000年に入り、厚労省が、「21世紀における国民健康づくり運動(通称:健康日本21)」を策定しました。 これは、急速な高齢化の進行と、痴呆や寝たきりになる人たちの増加を予想して、「介護保険制度」のスタートに合わせて作られた

Comments


bottom of page