top of page
検索

お祭りとは お祭りミライ ②

【内容】

1.日本のお祭り

2.お祭りの構造

3.お祭りの要素



1.日本のお祭り

「お祭り」とは、本来「神を祀(まつ)る」と言う「神様に感謝すること」を指します。

神の霊力の活性化や鎮魂によって、豊穣祈願や収穫感謝をはじめ、雨乞いや災厄防除を願ったり、先祖供養など、さまざまな目的があります。

お祭りの様式も、神輿や山車、太鼓台などの引き物や、祭囃子や巫女舞、神楽などの歌舞音曲が奉納されたり、盆踊りや阿波踊りなど、時代や地域によって、さまざまです。

さらに本来の神社や寺院が主体になるお祭りだけでなく、「ひな祭り」や「端午の節句」「七夕」など、日々の暮らしや、四季、文化的な催したり、戦後は地域や学校の行事まで、様々なお祭りが発展してきました。

「日本列島では常にどこかで、お祭りがおこなわれている」状況です。


2.お祭りの構造

神社のお祭りは「祭事・祭礼」が総称となり、「神事」と「神賑(かみにぎわい)」とで構成されています。

宮司などの神職が、祝詞を奏上する行事を「神事」とし、氏子など主体になってお囃子、踊りなどを奉納する行事を「神賑」とされています。

コロナ禍で「お祭りが中止」と言われましたが、神職による「神事」は続けられていたので、「大幅縮小」と言う表現が正確です。

古来からお祭りは、庶民が「ハレ」の機会を楽しみにして、「ケ」の日常を生きる活力の源になってきました。

ですから時代とともに、「神賑」が大きく派手になっていくのですが、「神事」が形骸化して、お祭りの意味が共有されなくなると、単なるイベントと変わりのない「神賑」だけのお祭りになってしまいます。


3.お祭りの要素

「御神輿」は、神が乗り、地域を巡り、災厄や穢れを清める行為です。山車や太鼓台も同様の要素です。

「盆踊り」は、平安時代に始まった「念仏踊り」がルーツだと言われます。

仏教を庶民に広めるために、念仏を踊りながら唱えていたものが、先祖を供養するための「霊鎮め(たましずめ)」の儀式と合わさって、定着しました。「秋田の西馬音内(にしもない)の盆踊り」、「岐阜の郡上おどり」、「徳島の阿波踊り」を「日本三大盆踊り」と言われます。

「花火」は、日本には元寇の蒙古襲来の際に、武器として火薬が持ち込まれました。一般に花火が鑑賞されるようになったのは江戸時代で、八代将軍吉宗が「川開きに際して、慰霊と悪疫退散を祈って水神祭を行い、花火が打ち上げられました。

神聖な火の力で、慰霊・鎮魂する意味があり、「球状」「多色」など、日本人の持つ繊細さと美意識が反映されています。

日本3大花火大会と言われるのが、秋田県大仙市の「全国花火競技大会(大曲の花火)」、茨城県土浦市の「土浦全国花火競技会」、新潟県長岡市の「長岡まつり大花火大会」です。


「神事」と対になった「神賑」としてのルーツを踏まえた、お祭りのあり方を検討すべきだと考えます。


最新記事

すべて表示

まちづくりとコミュニティ 共創から競創へ ④

【内容】 まちづくりと同義語 コミュニティ参画のメリット まちづくりのゴール 1.まちづくりと同義語 先述したように、日本においては政府報告書「コミュニティ:生活の場における人間性の回復(1969)」において「村落共同体ではなく、新しい地域をまとめるための概念としてのコミュニティ」が記載されることにはじまります。 同じ頃にひらがなの「まちづくり」も提唱されはじめます。 日本屈指の地域政策プランナー

コミュニティの特性・構造 共創から競創へ ③

【内容】 コミュニティづくりのポイント コミュニティの事業構造 継続の仕組み 1.コミュニティづくりのポイント 成熟ニッポンにおいては、ビジネス的にもメリットの多い「コミュニティ」ですが、主体的に運営するにはどのようなポイントがあるのでしょうか。 コミュニティ・マーケティングでは下記のような留意点が挙げられています。 初めは少人数でスタート コミュニティの目的をはっきりさせる。 参加者に当事者意識

コミュニティの有効性 共創から競創へ ②

【内容】 成熟社会におけるモチベーション 「私たちごと」づくりの必要性 コミュニティをつくるビジネスメリット 1.成熟社会におけるモチベーション コミュニティの有効性について、主にビジネス視点から整理します。 成熟ニッポンは、「失われた30年」と揶揄され、GDPは560兆円辺りを推移し、デフレが続き、給料も上がらない状況です。 高度成長期のように「3種の神器」やマイホームを買うために、モーレツに働

コメント


bottom of page