top of page
検索

おもてなし+αによる価値創造:おもてなし2.0 ⑥

【内容】

1.これまでの整理

2.おもてなしとホスピタリティの違い

3.「おもてなし+α」の必要性



1.これまでの整理

これまで接客業の現状と課題、その歴史的成り立ちや、技術革新の影響などについて整理してきました。

①コロナ禍を経て、人材流出した接客業が、人手不足に陥り、コロナ後の回復基調に対応できていません。対応策としての時給アップや待遇改善が、経営を圧迫している状況です。

②接客業は、お客様の「ありがとうの声」が聞け、効力感を得られる魅力がある反面、給料の低さ、生産性の低さなど、構造的な問題を抱えています。

③日本における接客業は、江戸時代に発展しましたが、茶の湯の精神と結びつく中で、対価を求めない事を善とする「おもてなし文化」として定着しました。

④戦後、米国チェーンストア型の接客オペレーションが導入され、日本琉の接客文化で補正されました。「安くても、丁寧・きめ細かな対応が当たり前」、「お客様は神様」という価値観が定着しました。

⑤その結果 接客業は、質は高いけれど、生産性は米国の4割足らず、という状況になっています。

⑥技術革新に伴う、自動化やロボット化によって、「いる接客」と「いらない接客」の選別が必要になっています。

⑦東京ディズニーリゾートやスターバックス・コーヒーのように、日本独自のホスピタリティによる洗練も、特筆すべき。


2.おもてなしとホスピタリティの違い

接客サービスにおいて、以前から議論されるテーマが「おもてなしとホスピタリティとの違い」です。

どちらも招いた相手に対してサービスする事を意味しますが、おもてなしが見返りを求めない行為なのに対して、ホスピタリティは対価に対して想定されているサービス満足度を超えるための行為となります。

おもてなしは、サービスする側が精一杯考えて用意し、その設えの中でお客様に楽しんでもらう事で、提供者主体のため、全員が同じレベルでサービスを受けることができます。

これに対してホスピタリティは、顧客が望む事を精一杯叶えようとします。サービスを受ける側が主体で、顧客が要望しない限り何も提供されない事を意味します。

「結果平等」が、おもてなしで、「機会平等」が、ホスピタリティとも言えます。

サービス提供時の思想・文化の違いとも言えますが、「付加価値」を考える際には、「おもてなし」ではなく「ホスピタリティ」スタンスで、顧客一人一人にどんな特別サービスを提供できるのかを考えることが重要ではないでしょうか。


3.「おもてなし+α」の必要性

生産性の向上には、下記の様な施策が必要です。

①「付加価値」の向上の為には、「サービスはタダ」と言う風潮を払拭する必要があります。具体的には、付加価値に対価を払ってくれる「インバウンド重視」による、客単価のアップです。

②「労働量」の削減のためには、セルフやAI、ロボティクスの活用による「サービスのメリハリ」です。「丁寧すぎるサービスはもう必要ない」と言う社会認識も必要です。


本項では、労働量の削減を前提にした上で、「おもてなし+α」による価値創造の方策を検討していきます。

次回以降で具体的に「星野リゾート」「b8ta」「ファンマーケティング」をモデルにした施策を提案します。

最新記事

すべて表示

地力づくり② 美術館・博物館 シンコンセッション ⑨

【内容】 コンテンツを活用したファンの拡張 「〇〇学センター」による深度化の仕組み 1.コンテンツを活用したファンの拡張 大型企画展で集客を図ることも重要ですが、ミュージアムの地力づくりのためには、「常設コンテンツを活かす必要があります。 鳥取県立博物館であれば「オオサンショウウオ」、(ホールですが)奈良県立文化会館であれば「反田恭平氏」などの、特化コンテンツに焦点を当て、関連した空間演出やイベン

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

bottom of page