top of page
検索

「優しい未来」づくり:シン健康まちづくり ⑩

【内容】

  1. 「健康・医療・福祉のまちづくり」の可能性と課題

  2. 「交流・遊歩タウン」づくりの視点




1.「健康・医療・福祉のまちづくり」の可能性と課題

「健康まちづくり」は、人口減少と超高齢化の進展とともに、街づくりの中心コンセプトになりました。その背景と経緯は、下記の3点です。

① 支え手となる現役世代が減少し、社会保障費(医療費+介護費)が膨張の一途を辿るため、従来通りの病院での高齢者医療サービスの維持は困難。

② 一方「最後まで、自宅に住み続けたい」という要望も高いため、病院及び施設介護から在宅医療・在宅介護ニーズへの対応が必要。

③ 従って、「男性8年、女性12年」と言われる平均の【寝たきり期間の短縮】と、できる限り【地域で支える仕組み】が必要。


社会保障費の膨張を抑えるため、高齢者サービスの【病院・施設介護から在宅での医療・介護】にシフトしたいという国の思惑が感じられます。

つまり「健康まちづくり」とは、「高齢者の健康長寿を支えるまちづくり」だという事です。

介護予防策において、身体活動の重要性が認識されており、より多くの人たちの行動変容を促すには、ヒューマンスケールの近隣環境に、立ち寄りやすい場所や、人と人とのつながりが生まれる活動を作り、「外出・歩行を促す」方策が、有効なこと事がわかってきました。

「健康・医療・福祉の街づくり」では、都市構造のコンパクト化を進めることを基本にして、以下の5項目の留意点が挙げられています。

  1. 住民の健康意識を高め、運動習慣を身につける

  2. コミュニティ活動への参加を高め、地域を支えるコミュニティ活動の活性化を図る

  3. 日常生活圏域(徒歩圏域)に都市機能を計画的に確保する

  4. 街歩きを促す歩行空間を形成する

  5. 公共交通の利用環境を高める


正しいのだけれど、何か腹落ちしないのは、私だけでしょうか????


2.「交流・遊歩タウン」づくりの視点

健康な街づくりの必要性は、十分理解できますし、その方向性も間違っていないと思います。

ただ「健康」は、何かをするための「条件」、あるいは何かをした「成果」であり、健康そのものを街づくりの目的に掲げるのに違和感があります。

要するに、街なかにおける、「交流・関係の機会づくり」と「楽しく快適な歩行環境づくり」の2つに集約でき、健康まちづくりとは、「交流しながら、歩くことを楽しめるコンパクトな街=交流・遊歩タウン」づくりと言えるのではないでしょうか。

その具体化に向けた提案例として、次の5点を挙げました。

  1. ソーシャルアパート:多世代居住と社会参加を両立させる住まいづくり

  2. 福祉のコンビニ+α:多様な福祉サービスと自尊心を両立させた拠点づくり

  3. アーバン農福連携:ゆっくりした仕事と実感・交流を両立させた働き場づくり

  4. ヘルシーロード+AR:街歩きを「発見・表現」機会にする道づくり

  5. 健幸都市のアップデート:街の中での居場所と役割づくり


基本的には、効率追求だけでなく、「ゆっくり産業」併設型の街づくりだと言えます。

そして高齢者が、役割を担える街(=社会)は、女性や障害者など幅広い人たちが、参画しやすい「優しい社会構造」なのだと考えます。

こうした「構造」を織り込んでいくことは、損をしたくなくて、無駄を削ぎ落とし、余裕がなく、窮屈・息苦しい現代の日本社会の蘇生につながるのではないでしょうか。


「おもしろきこともなき世をおもしろく、住みなすものは、心なりけり」とは高杉晋作の言葉ですが、社会の仕組みの解きほぐしが、求められているのではないでしょうか。

「交流・遊歩タウン」づくりは、お年寄りだけでなく、誰もが元気で楽しく暮らせる「優しい未来」づくりなのです。


最新記事

すべて表示

方策1 情報による体験アップデート シン文化観光 ⑦

【内容】 文化観光拠点を中心とした文化観光の推進 地域の文化観光のゲートとしての文化施設 音声 AR による地域回遊の促進 1.文化観光拠点を中核とした文化観光の推進 文化観光推進法(文化観光拠点を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律)は、「文化」と「観光」とを両輪にして、地域を活性化させようという政策で、2020年に制定されました。 この政策に沿って、各地で構想が作られています。 大

基本スタンスと方針 シン・文化観光 ⑥

【内容】 これまでの論点整理 観光における提供価値 文化観光の三層構造 1.これまでの論点整理 インバウンドも復活する中で、日本の観光振興を考える際に、「物足りなさ」を補う工夫が必要ではないか?政府が力を入れる「文化観光」では、なおさら「文脈」を含めて理解を促す仕組みが必要。 ツーリズムの変遷を振り返ると、日本人の「旅好き」が浮かび上がるとともに、「マスツーリズム」から「ニューツーリズム」と経て、

文化観光の課題 シン・文化観光 ⑤

【内容】 日本文化を提供する視点 体験プログラムでは稼げない 総合的な体験サービスの提供主体 1.日本文化を提供する視点 「日本文化は、目に見える部分だけでなく、その文脈の説明を補足しなければ、チープに見えてしまう」という、先述のエイベックスの中前氏のコメントにあるように、欧米の壮麗な石造りの文化資源に比べて、質素で小ぶりな日本の文化資源の魅力を伝えるには、情報(解説)が必要だと考えます。 また、

Comments


bottom of page