top of page
検索

「リアル×バーチャルの新たな世界」 吉美

 このままコロナ禍を経て、バーチャル中心の世界になったらと心配する人が多い。幼い頃テレビでみた烏賊みたいな火星人のように知的生物の成れの果てのように進化してしまうのではと。(笑)

 映画やドラマの聖地巡礼が流行っているがあれはバーチャルを求めに行っているのか、リアルを求めに行っているのか。 

バーチャルだけだと空虚感が出てしまい、リアルだけだと閉塞感が出てしまう。人は既にその欠点に気がついて、「ミックスドユウス」その中間領域を知的に創造するように進化しているのだろう。烏賊火星人にはならないようだ。(笑)

 その中間領域を目指す進化した人々にとって最も大事なのはその扉を開けてくれるインパクトの強い個性である。そして、バーチャル、創造力の基礎となるのが魅力的なリアルな体験であり、街である。          

 現在のリアルな街の力強さと魅力は予測できない、数式に基づかない際限のない可能性だと思う。特に日本の街は自然発生的に集積した都市で秩序どおりではない。一本先の路地に何があるか、先月と違う街になっているかもしれない。季節や天候や誰といくかや気分次第でもリアルな街が変わっていく。それが面白い。人は予測できないことが好きだ。行かないといつまでも画面の二次元的なもので自分の街とはならない。個性のある街は自分自身で作るものだ。それに気がついた人は街が好きになり、足を運び、創造力を高め、素晴らしいバーチャルも作り出し、新たな中間領域を切り開いていくのだと思う。

 だからリアルが好きな人もバーチャルが好きな人も街に行きましょう!

最新記事

すべて表示

地力づくり① ホール・劇場 シン・コンセッション⑧

【内容】 公共ホールの課題 シン・コンセッションの試算 1.公共ホールの課題 公共ホールの三重苦については、前述したとおりです。 ホール料金の上限 住民利用枠の設定 自主企画の開催 これらの制約が緩和されれば、公共ホールの運営は軌道に乗るのでしょうか。 公共ホール運営の最大の課題は、「運営モチベーション」だと考えます。 ただ単に「管理するだけ」であれば、「貸し館」の申し込みが来るのを待っていれば良

ケーススタディ2:博物館 シンコンセッション⑦

【内容】 Ⅰ 鳥取県立博物館 Ⅱ 滋賀県 東近江「森の文化博物館(構想)」 【Ⅰ.鳥取県立博物館】 概要と課題 鳥取県立博物館は、鳥取市街の中心地の鳥取城跡公園内に位置し、周囲には鳥取城跡や洋館の仁風閣などの観光スポットがあります。 総合博物館でしたが、2025年に美術部門を、県立美術館として分離させるため、鳥取県に関する歴史と自然をテーマにした展示をおこなっています。 特別天然記念物の「オオサン

ケーススタディ1 : ホール シン・コンセッション ⑥

【内容】 Ⅰ奈良県立文化会館 Ⅱ愛知県芸術文化センター 文化施設のコンセッションを検討するために、具体的に事例を元にケースステディを行います。まず「ホール・劇場」については、下記の2施設で検討します。 【Ⅰ  奈良県立文化会館】 概要 奈良県立文化会館は、奈良市の中心部、近鉄奈良駅から徒歩5分の好立地に立つホールです。 大規模改修の設計が終わり、2026年秋には、メインホール(1144席)小ホール

bottom of page